FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

数理モデリング入門 ―ファイブ・ステップ法 

suurimodelling5steps.jpg
数理モデリング入門 ―ファイブ・ステップ法
数理モデリング入門 ―ファイブ・ステップ法

去年から積まれていた本書をコロナウイルス在宅で読む。生物、ビジネス、軍事、物理現象、ロケット操縦などの現実の問題をどうやってモデル化し、どうやって解くのか。本書の半分では解析解を紙とペンで追ってみて、残り半分ではPythonで近似解を求めるプログラムを作ってみた。プログラムの方が楽だね。たとえば1変数の動き方が変わった場合、プログラムなら1行加えればいいけど、解析解なら解けるかどうか含めてやりなおしとなる。本書を読み進めるには、ラグランジュの未定乗数法(グラディエント∇f と∇gが接する)、固有値固有ベクトルによる連立微分方程式解法、フーリエ変換による拡散方程式、待ち行列MM1、各種近似法などの数学が必要で非学生にはつらい。一番最後の例題9.5はよくわからなかった。分数階微分だけでなく、どこから来たのかわからない確率、中心極限定理の変形型などが組み合わさっている。

5 steps とは
1. 問題に現れる変数、変数に関する等式・不等式、を書き出す
2. その問題に適するモデル・解法を選ぶ(最適化、線形計画、整数計画、定常状態モデル、連続・離散ダイナミックシステム、シミュレーション、時系列、離散的・連続的確率モデルなどなど)
3&4. 上で決めた数学モデルを解く
5. 解を数式でなく言葉で説明
解析解でも近似解でも、計算ができるようになったら、重要なパラメーターを動かして過程・結果がどう変わるのかをレビューする。

エルゴード性の説明もあった。マルコフ連鎖において、集合要素のすべてからすべてへ有限ステップで移動できればエルゴード的とされる。エルゴード的ならば初期条件によらず定常状態が存在する。マルコフ連鎖をどう使うのかがわかる例題8.1は、「在庫が0になったら3個入庫する(よってターン終わりの在庫は常に1 or 2 or 3)。毎ターンの平均売上は1個。さて、在庫以上の買い手がいるという機会損失はどれくらい生まれるか」というもの。これは売上をポアソン分布とみて、3要素のマルコフ連鎖で約10%と解ける。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

逆ソクラテス 

soku.jpg

ものすごい久しぶりの伊坂幸太郎さんの本。おそらく新刊。軽くて読みやすいものが読みたかったのと、最近長女がえらくたくさん哲学の本を読んでいたので、名前でちょっと選んじゃった一冊。哲学からは程遠いほど軽い感じの小学生を主人公にした短編のいくつか。なかなかおもしろいです。全然深くないので、だれでも読めて小学校高学年から高校生くらいの子どもにおすすめしたい一冊という感じです。大人としては若干、軽めの本だけどそれなりかな。ちょっと重松清さんみたいな感じだなというのが、最初のイメージです。

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる 

fix.jpg


NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる

自然愛好家たるものが何かはわからないけど、自分自身かなりそっちよりの人間なので、この本を読んでもおおよそ予想できることばかりだったので、最初の30%くらいでやめようかと思ったものの結局最後まで読み切る。若干訳文がよくないのか、はたまたこの作者の書き方なのか、おもしろいところとおもしろくないところの差が大きく、一気に読めなかった。私的にはフラクタルについての部分が大変面白く、自然の中で見られるフラクタルのパターンを人間はみるとストレスを和らげることができるということを科学的に研究されているということ。

しかしこういう本って本当に自然を必要としている人はなかなか読んでくれないのが残念だなと思っちゃいます。おススメしたい人はたくさんいるけど、そういう人に贈ると嫌な顔されちゃうのがなんとも難しいところです。

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

オリンピック・マネー 

olympicmoney.jpg
オリンピック・マネー
オリンピック・マネー

オリンピックは、オリンピックという強力ブランドビジネスであり、IOCはそのグローバル興行主かつ映像コンテンツ元締め。IOCは在スイスの非営利組織となっているが、IOC委員や関係者には、IOC関連営利団体から相応(もしくは相応超)の報酬が払われている。興行なのでオリンピックはカネで決まる。どこで開かれるかも、いつ開かれるかも(東京オリンピックの1年延期、冬季オリンピックの2年ずれが具体例)、どうやって開かれるかも。それでも人はオリンピックに「フェアなスポーツ」「平和」といった幻想を抱く。それを利用したのが安倍政権(本書ではオリンピック名目で神宮外苑再開発が強行されたことも説明される)。オリンピックが税金で開かれるのっておかしくない? ところで聖火リレーはナチスがオリンピックで始めたんだね。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

「第三者委員会」の欺瞞 

dai3shaiinnkainogiman.jpg
「第三者委員会」の欺瞞
「第三者委員会」の欺瞞

本来の第三者委員会の精神からかけ離れた「第三者のフリした委員会」の跋扈。組織・会社・経営陣の責任回避のための仕組みとして使われている。たとえば東京オリンピックの招致ワイロ疑惑。委員会はろくに調査もできなかったけど日本人に法的責任はないと断定(しかも域外であるフランス刑法上についても問題なしと結論)。東京オリンピック招致にもワイロが使われたことは関係者にとっては自明だと思うけどね。
著者は、会計監査が、会社を顧客とし会社費用で行われても一定の独立性・スタンダードを備えているので、会計監査のやり方から学べば「第三者のフリした委員会」もまともになるのではないかと言っているけど僕は不同意。そもそも組織・会社が、自らの費用で、自らのあらゆる犯罪行為を暴き出して公表して、自らの法的責任までつなげる、という枠組みは成り立たないと思う。米国で起訴猶予DPAが成り立つのだって同じ理由。
結局第三者委員会は本来の目的では成り立たないものだけれど、その有用性に気付いた組織・会社・弁護士事務所は、「第三者のフリした委員会」を法務の一分野・ビジネスとした。クライアントは不祥事を隠してきた組織・会社。世間的に謝罪が必要だけど責任は極力取りたくない。特に責任者の法的責任なって絶対避けたい。だから、世間の目をごまかせる「第三者のフリした委員会」サービスを弁護士事務所から買う。弁護士事務所は危機にある顧客のニーズに高額チャージで応えて、責任うやむやだけど世間に謝るというレポートを作成。何が真実なのか、正義なのか、というのはこのサービスの目的じゃないよ。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

その問題、数理モデルが解決します 

sonomonndaisuurimodel.jpg
その問題、数理モデルが解決します
その問題、数理モデルが解決します

積ん読されている数理モデル本を読む前にやさしそうな本で助走することにする。著者は文学部で数学を使った研究をやっている。具体的には数理社会学というらしい。なんで文学部内にあるのかは知りません。なぜか表紙の2人の恋愛感情が膨らんでくるストーリーになっている。なぜそういう作りになるのかが気になる。
因果推論で気になってたことを本書が解説してくれてすっきりした。RCTの場合、ATT = E[Y1] - E[Y0] = E[Y1| Z=1] - E[Y0| Z=0] となる。なぜならZと(Y0, Y1)が独立なので条件付けしても値は変わらないから。だけどZとYは独立じゃない。ZとYが独立ならZの変化でYが変化しなくなってしまう。独立なのは、ZとY0、そして、ZとY1。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

ほめると子どもはダメになる 

homerutokodomohadameninaru.jpg
ほめると子どもはダメになる
ほめると子どもはダメになる

著者の主張には同意できる。「友だち親子は問題ある」「こどもに嫌われてもこどもを社会に送り出すのに親はやらなければならないことがある」「こどもを自立させる覚悟が親には必要」「自由には責任が伴うし権利には義務が伴うことを親は教える必要がある」といったところ。でも特に感銘は受けなかった。
いいことは褒めると言うか encourage すべきだし、悪いことはしっかり叱るべきだろうね。何がいいことなのか悪いことなのかはそれなりに普遍的なもの + 親の価値観で決まると思う。シンガポールでは外国人が多くて各人だけでなく各国の価値観の違いも大きいなと思う。たとえばインド人の親子とか。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

ピアニストの脳を科学する 

pianistnonou.jpg
ピアニストの脳を科学する
ピアニストの脳を科学する

超絶技巧のプロでなくても、ピアノ上手な人の指はすごいと思う。うらやましい。しかし、すごいのは指ではなく、あのスピードと複雑さで指を完全にコントロールする脳なのだ、という本。著者は工学・医学とピアノ・音楽を掛け合わせた強みを持っている。工学だけだったら、または、ピアノだけだったらいくらでもすごい人はいる。でも掛け合わせるというのはおもしろい。内容で特におもしろいなと思ったのは、自由な即興が至高であるジャズピアニストは(ストレスなどから来る脳の病気である)ジストニアになりにくく、ミスなし完璧な演奏を求められるクラシックピアニストはジストニアになりやすい、というところ。なるほどなー。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

秘密資金の戦後政党史 

himitusikinnnosenngoseitousi.jpg
秘密資金の戦後政党史
秘密資金の戦後政党史

自民党、民社党は米国CIAのカネを受け取っていた。共産党、社会党はソ連のカネを受け取っていた。主要政党が外国政府のカネを受け取り、国家の外交が外国のいいなりになってしまっていた具体例。冷戦下とはいえ(西ドイツやイタリアの政党にも米ソのカネが渡っていた)、違法行為(政治資金規正法、外為法)というだけでなく、完全に国民を欺く行為だよな。まあ日本の政治家や政党はダーティーと思われているけど、正にそのとおり。そして悲しいけど結局はカネ。カネは欲しいし、カネくれるなら言うことを聞く。政治家や政党も当然そう。CIA資金を受け取る自民党のキーパーソンは岸信介だった。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

How To Talk: Siblings Without Rivalry 

sib.jpg


How To Talk: Siblings Without Rivalry

ずいぶん長い間キンドルに入っていたけどなかなか読まずにいた一冊。サーキットブレーカーで子ども4人密に過ごしているのでまーいつも以上に彼らの関係も良く見ることができる。というわけで一番いいタイミングに、読んで見ることに。非常にアメリカ的な切り口で日本の育児書とは違うコーチング的な進行です。内容は結構よくて親、兄弟、本人、すべてが、個人の人格形成に大きな間違いやこだわりを知らずに作り上げてしまっている。とても勉強になります。わかっているつもりでもなかなかできないことも多く、その点多くのケーススタディーを入れたり、漫画など読み始めると結構早く読める一冊でした。いろいろ実践してみようと思うこともあったので、ちょこちょことまた気になる個所を読んで確認したい一冊です。

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック