FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

くまのプーさん 

poo.jpg


クマのプーさん


とにかくかわいいぷーに癒される一冊ですが、いかんせんこの本翻訳が私は好きじゃないです。あまりにも子ども向けでない言い回しや単語が多く、岩波のはレビューはいいけれど子どもに読み聞かせるには違う翻訳本を選ぶといいです。とはいえ次男は結構げらげら楽しんでました。
スポンサーサイト



category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

はてしない物語 

hate_.jpg

エンデの「はてしない物語」。コロナで学校なかったら、おそらくこの本を読み聞かせする心の余裕はなかったと思う。とにかく長い。かなり内容も特に下巻からは難しくてダメかなと思ったけど、意外にもいろいろその言葉どういう意味と何度も聞かれたものの、最後まで楽しく聞いていました。1か月はかかったかな。次女に数か月前に子どもの頃の読み聞かせの本で一番好きだった本は何だったかという質問をしたら、迷いなくこの本だったので思い出して次男に。内容は子どもは子どもとして冒険ものなので楽しめるが、実は高校生大学生でも(大人)の方がほんとはいいのではと思うくらい深い内容です。細かい登場人物や設定など何となくスターウォーズを思わせるキャスティングみたいな感じで、あれ?もしかしたらここからきてるのではと思っちゃうのは私だけかしら?

いずれにせよ、児童書の中ではかなりおススメの一冊。小学生低学年よりはもっと高学年のとくに本好きな子におすすめの一冊です。

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

モモ 

momo.jpg

モモ

コロナでだいぶ家での時間も増えて、読み聞かせもいつもより時間が取れるしゆっくりできるので、久々に「モモ」を。読み聞かせとしては2回目。なんだか絶妙なタイミングでの読みきかせでした。時間泥棒にいかに我々が時間を取られていたかが、変な話コロナと重なって考え深い一冊です。次男にはやや難しいかなと思ったけど案外楽しんでおり、大人とは違う視点ではあるのかもしれないが、楽しんで聞いてました。公園で亀を見て妙に親近感持ってました。笑

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

はるかな国の兄弟 

haru.jpg

リンドグレーンの本の中でも私の中では異色な本の「はるかな国の兄弟」。次男はかなりの数のリンドグレーンの本を読み聞かせでしたので、このタイプのおもしろおかしい部分は一切ないこの本はどうかなとちょっと心配でしたが、かなり想像力を発揮させられるようで人の死、戦いなど今までにない多くの場面を一生懸命食いついて聞いていました。最後の方で龍と蛇の戦いの話などの部分は次の日の朝には早く起きて立派な絵をかいていたほど。子供の想像力って素晴らしいなとちょっと驚かされました。

内容は若干難しいけど、それなりに7歳の息子も心に残る一冊のような話をしていました。

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

小さな山神スズナ姫 全4巻 

suzuna.jpg

小さな山神スズナ姫

富安陽子さんのスズナ姫シリーズ。全部で4巻でており今2巻読み終わったところ。若干やまんばあさんよりはギャグ少な目で、男子よりも女子向けなのかもしれないが、日本独特な固有名詞や里山の雰囲気など、海外に住む子供に是非読み聞かせたいシリーズ。西遊記系の山神様のはなし、やんちゃでこどもな主人公が子ども心をくすぐるシリーズです。

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

やまんばあさん 

yama.jpg


富安陽子さんの「やまんばあさんシリーズ」。上の子たちは自分たちで読んでいたので、私自身は読んだことのなかったシリーズ。富安陽子さんだからきっとおもしろいだろうと思い、借りたらやはり次男に大うけ。ベットの上で飛び上がってはしゃぐほどで寝る前の一冊という感じではないが、親も読んでて楽しくなんとなくほっこりする本です。とくに「ドングリ山のやまんばあさん」はかなり楽しかったようで、全シリーズ借りてきてくれと。ここから2ー3週間続きそうです。

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

都会のトム&ソーヤ(1) 

tom.jpg

都会のトム&ソーヤ(1)

ちょっと今どきの本でもと思い長男の読み聞かせに。もう10歳だから読み聞かせでなく自分で読んでほしいところだけど、やっぱりこのレベルの日本語を読むのはちょっときつい感じも。でもこの年齢のこどもの会話が多くありそうな本のほうが彼の語彙が広がるかなということ、興味がわくかなという理由で選んでみた。若干親的にはつまらないというか入りにくいが本人はやはり面白いようで結構楽しんでいたようだ。 

でもこのシリーズ18巻くらいまであったような。。。。ちょっと無理なような気もする

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

シャーロットのおくりもの 

shalotte.jpg


シャーロットのおくりもの」上の子たちは確か自力で読んでくれたので私が読むのは初めて。動物好きの子どもにはおすすめかな。動物のキャラクターとくに豚のウイルパーが可愛くて次男も喜んでましたが、これと言ってものすごく気に入ったという感じはなかったのは結末が何となくちょっと大人っぽいエンディングだからかもしれません。

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

怪人二十面相 

kaijin20mensou.jpg
怪人二十面相
怪人二十面相

二十面相がけいさつにばけてるんじゃない? こて
おもしろいよ。 とら

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

小さなスプーンおばさん  

tiisanaspoon.jpg
上の子は結構楽しそうに聞いていた気がしたので、「小さなスプーンおばさん 」を次男に読み聞かせとして借りてきました。次男は喜んで聞いていたけど、若干読んでみたらおばさんの気持ちとか、心の声とかあったりで読み聞かせには難しい要素が多かったかな。翻訳だからか何だかくどいというか。楽しくておもしろい本と思って借りてきたのだけど、結構説明しづらい部分が多くどこまでわかったかは不明でしたが、喜んで聞いてはくれていました。 続きは読まないかな

category: 読み聞かせ

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック