FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

いぬのおしりのだいじけん 

いぬのおしりのだいじけん

61KPw4fuxFL._SX476_BO1,204,203,200_

おもしろー! 
スポンサーサイト



category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

モグ 

mogtoitazura.jpg
ジュディス カーは私の大のお気に入りの作家で、部屋やソファーにあれば絶対読まずにはいられない。こどもたちも大好き。このモグシリーズ「モグといたずらなきつね」本当にネコ好きにはたまらないです。子どもたちや家族などだれもこれもほっこりしていて優しくて、幸せな絵本です。モグのどや顔とかみると壁に貼っておきたくなっちゃいます。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

とんでもない 

tondemo.jpg

鈴木のりたけさんの「とんでもない」。鈴木さんの本ってはずれがなくて我が家の息子たちは大好きであれば必ず図書館で借りてきます。今回のこちら、なかなか乙な感じでおすすめ。次男はどこまでわかるかはわからないけど、結構笑ってました。この軽い感じと内容がなかなかいいです。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

アイラのおとまり 

aira.jpg
図書館で借りてきた古めかしい絵本「アイラのおとまり」。次男に読んであげた本だったのですが、男の子のちょっと強がっている気持ちやでも大切なものをすごく気にしているところ、すごく親としても読んでいてキューと愛おしい気持ちになる絵本でした。4歳半でもなんとなく気持ちがわかるのか、笑ったり心配している様子が見れていい本でした。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

This Is Not My Hat 

ちょっとえげつないホラー絵本を紹介してしまったので、まともな子供でも読めるブラック&シュールなものも。今調べたら関西弁版もあるようで、確かに関西弁ならなんとなくしっくりいきそうな絵本です。淡々と語られるそのセリフ結構おもしろいし、子どもにも伝わる変な空気がいいです。


This Is Not My Hat (Irma S and James H Black Honor for Excellence in Children's Literature (Awards))This Is Not My Hat (Irma S and James H Black Honor for Excellence in Children's Literature (Awards))
(2012/10/09)
Jon Klassen

商品詳細を見る



I Want My Hat BackI Want My Hat Back
(2012/09/03)
Jon Klassen

商品詳細を見る

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

ちょうつがい きいきい 


怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい
(2012/03/01)
加門 七海

商品詳細を見る


弟の本に一応絵本なので入れました。しかも図書館の児童書コーナーにあったそうで息子が選んだらしいのだけど、この本は....絶句します。弟に読み聞かせしようとした次女も読んでいるうちに声色が変わり、しまいにはボソボソ。皆読み終わると絶句です。一応知る人は知っているのかもしれませんが前知識なしに児童書として読んではいけない超ホラー本です。あまりに怖くて上の子二人とどうするこれ?と今日は大騒ぎ。かわいらしい坊やの表紙ちょうつがいを直す話かと期待してたのにこんな展開とは..... あーやだやだ! しかも(5)と書いてあるのでいろいろあるのか?でも子どもは実は怖いの好きなんだよね...

category: 弟の本

cm 0   tb 1   page top

There's an Alligator under My Bed 


There's an Alligator Under My Bed (Picturemacs)There's an Alligator Under My Bed (Picturemacs)
(1988/10/20)
Mercer Mayer

商品詳細を見る


最近息子の大好きなもう一冊。you tubeで動画もあって、そちらもなかなかいいです。本屋や図書館で見つからずネットで検索すると最近はどんな絵本(洋書)も有名なものはあるのにびっくり。 夜寝る前に読むのにちょうどいい感です。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

おしいれの冒険 めっきらもっきらどおんどん 

うえの子二人も大好きだった2冊。なんとなく恐いけど、気になってしかたない。もちろん息子も大好き。こんなに何度も図書館で借りるなら買うべきだよな~といつも思っちゃうのにいまだ何度も借りてます。


おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
(1974/11/01)
古田 足日

商品詳細を見る



めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)
(1990/03/15)
長谷川 摂子

商品詳細を見る

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

ぼくのトイレ 

最近息子のお気に入りの作家 とくにトイレの本はこの年頃の男の子には大ヒットです。


ぼくのトイレ (わたしのえほん)ぼくのトイレ (わたしのえほん)
(2011/08/02)
鈴木 のりたけ

商品詳細を見る


まーよく考えたなと思えるくらいいろいろなトイレ続々登場。上のお姉ちゃんも一緒に興味津々によんでました


しごとばしごとば
(2009/03)
鈴木 のりたけ

商品詳細を見る


同じ作者の仕事場シリーズの一冊 かなり大型でいろんな仕事場の様子が良くわかります。小学生中学年くらいでも充分楽しめます。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

せいめいのれきし 


せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)
(1964/12/15)
バージニア・リー・バートン

商品詳細を見る


バージニア・リー・バートンさんの本は私は大好きでついつい買ったり、借りてくるのだけど、どうやらこの人の本は男の子の方がおすすめのよう。息子は彼の乗り物系の本をよく借りてくるのですが、乗り物でなくともこの人のこの本は自ら本棚から選んで真剣に読んでいました。この絵本とにかく長く細かくて読む方はかなり疲れるのですが、真剣に最後まで飽きずに聞いていました。娘たちよりも息子の方がかなり本気で読んでました。図鑑とか好きな男子の方がこの人の本は受けるようです。

category: 弟の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック