FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル 

kaisertargetted.jpg
告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル
告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル

正に現代の最重要告発本の1つだと思う。スマホ・SNS時代に、どれだけ個人情報が悪用され、社会の根幹がどれだけ揺らいでいるのか。インターネット、SNS、スマホを持ち歩く現代の個人は膨大なデジタル個人情報を日々生産している。そういった個人情報を収集しカネにするのがフェイスブック。その個人情報を基に個人を操り、世界最強国の大統領選やUKブレクジット国民投票に介入したのがケンブリッジアナリティカ/SCL。資金提供をしてケンブリッジアナリティカを裏で操ったのが最強クオンツファンド幹部。デジタル個人情報をデータサイエンスで分析し、心理学的に人々を分類し、説得可能グループの行動をマイクロターゲティングで変化させる仕組み。なお、個人行動をどこまで変えられたかは誇張ありと言われる()。
著者ブリタニー・カイザーは生粋の民主党派であり、さらに個人情報の選挙利用などを毛嫌いしていた。それがカネが必要なばかりにケンブリッジアナリティカ/SCLに入社してしまった。この巨大スキャンダルが明るみに出てケンブリッジアナリティカは解散した。しかしニックス社長および元従業員は同様のビジネスをその後も行っている。それだけのニーズがある分野なのだ。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

クリーンミート 培養肉が世界を変える 

cleanmeat.jpg
クリーンミート 培養肉が世界を変える
クリーンミート 培養肉が世界を変える

牛肉が食べたければ、牛肉の細胞から細胞増殖、細胞培養で牛肉だけを作ればいい。そのために牛を育てて殺す必要なし。
牛革が欲しければ、牛革の細胞から細胞増殖、細胞培養で牛革だけを作ればいい。そのために牛を育てて殺すなし。
研究や小規模ではこれが既に実現できている。細胞培養で作ったハンバーガーもある。原油の発見により、鯨の油が必要なくなり、鯨が殺される必要はなくなった。テクノロジーによる革命。この細胞培養肉が安価で大量生産できれば革命だと思う。消費者は細胞培養肉であるというハードルは乗り越えると思う。実際製造された食べ物や調味料は完全に市民権を得ている。しかし消費者に、価格と味は絶対必須だろうね。植物ベースのインポッシブルミートはそのレベルまで達して広く行き渡るようになった(まだ高いけど)。細胞培養肉はGMOではない。クリーンミートには革命の可能性がある。でもインポッシブルやビヨンドでも十分という気もする。結局はおいしくて安いのかの勝負。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

かんぽ崩壊 

kampohoukai.jpg
かんぽ崩壊
かんぽ崩壊

日本で嫌なものの1つが老人をだますビジネス。自分の親がだまされるのを見ても大きな怒りを感じる。かんぽ・(かんぽから販売委託を受ける)日本郵便は正にそれなんだね。「半ぼけ」「ゆるキャラ」な老人を毎日求める。カネがあって、わかってない老人をだまして儲けるというビジネスモデルはオレオレ詐欺と同じだよ。
上場後の利益・株価追及、旧特定郵便局長によるガバナンス二重構造、コスト削減不足、そこにゼロ金利。いびつな会社形態(郵便サービスを続けるために金融2社であるゆうちょ銀行とかんぽが大きな収益を上げる必要がある)で稼ぐには、老人をさらにだますしかない。
経営者、組織の問題も重大だけど、現場の問題も大きい。経営者が悪いんですというのは世間に響きやすいけど、老人のサインを偽造したり、ウソを教えて契約を解除させない、というのは犯罪そのもの。懲戒処分では不十分で犯罪者として刑事罰を課せられるべき。本書では社員ノルマの話が多い。営業目標があるのは営利企業として当然だと思うけど、ここのノルマはなんかおかしい。おかしなインセンティブ構造で、営業と関係ない人にも該当する。しかも明らかに不利な商品では売れって言われたって売れないよな。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

共分散構造分析[R編] 

kyoubunnsannnkouzoubunnsekir.jpg
共分散構造分析[R編]
共分散構造分析[R編]

因果推論の本で構造方程式モデリングの話がでていたので読んでみた。共分散構造分析と構造方程式モデリングはほぼ同義に使われるみたいよ。
共分散構造分析 = Covariance Structural Analysis ≒ Structural Equation Modeling (SEM) = 構造方程式モデリング
本書ではRの lavaan / sem パッケージを使いながら共分散構造分析方法が説明される。しかしそのロジックはあまり説明されない。本書とネットを基にした自分なりの理解は以下。

1.まずデータがある。共分散というぐらいなので多数行X複数列のデータ。データから共分散行列を求めることができる。

2.分析者はデータ間や、見えていない背後の因子とのいろいろな関係・構造を自分の思うようにつなげてモデルを想定することができる = 構造方程式モデリング。たとえばAはBによって決まる、CとDは隠れているEに影響する、それぞれにランダムファクターがある、など。モデルの構造(因果)部分を構造方程式、見えているデータがどう決まっているかの部分を測定方程式という。

3.分析者が考えるモデルを使った場合のモデルのパラメータ(係数)をコンピュータに計算させる。パラメータと共分散行列はつながっている
3-1.コンピュータの計算は主に最尤推定で(つまり対数尤度関数の最小化)、多変量正規分布データを前提とする。だけど最尤推定は正規分布限定の手法じゃないし他の分布なら最尤推定式を変更すればすむんじゃないの? 再生性含めて正規分布が一番使いやすいのだろうとは思うけど。
3-2.識別問題というのがある。要はパラメータの解が無数に存在してパラメータを特定できないというようなもの。それを避けるため1つのパラメータを固定して計算が行われる(たとえば1に固定)。
3-3.分析者のモデルのパラメータに基づく共分散行列を計算。

4.データの共分散行列と、分析者モデルの共分散行列が得られたので比較することができる。だから共分散構造分析。対数尤度を使ったカイ二乗適合度検定などいろいろな適合度検定の手法がある。

自由にモデル(データ構造)を考えて、そのモデルで現実データを説明できるのかがさくっと調べられる。すごい手法だと思う。ところが本書最後の研究紹介を見ると、研究者の方々には悪いんだけど、研究のための研究のような感じに見える。せっかくの手法なんだから現実社会に役立つ現実問題をやってほしい。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

逆張り投資家サム・ゼル 

samuelzelldancer.jpg
逆張り投資家サム・ゼル
逆張り投資家サム・ゼル

(ディストレス)不動産投資家のサム・ゼル。通称墓場のダンサー。本書で一番驚いたことは、サム・ゼルが杉原千畝の命のビザによって救われたジュイッシュ夫婦が横浜で宿した子というところ。サム・ゼルの両親は大きなリスクをとってポーランドを脱出して生き残り、リスクをとらずにポーランドに残ったジュイッシュの多くが死んだしまった。サム・ゼルにとって、リスクをとらないリスクは出自からの自明だった。
ビジネス、不動産について価値あるアドバイスがたくさんある。多額の損失が実現しても、それが自己の損失想定額範囲内であれば、自己の判断がおかしくなかったことがわかる。リターンを求めればリスクはある。そのリスクのマネージが重要であるということ。残念ながら不動産取引については翻訳者が取引を理解していないと思われるところが複数あった。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Silent Invasion 目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

silentinvasionaus.jpg
Silent Invasion 目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画
Silent Invasion 目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画

かなりの長編。簡単に言えば、中国共産党の侵入をオーストラリアは許してしまった。中国共産党の影響力は多方面に及ぶ:歴代首相、重要閣僚、主要政党、電力や港湾といったコアインフラ、重要大学、高等研究機関、メディア、ビジネス界、知識人、不動産(シドニーやメルボルンの不動産購入者の相当数が中国人)、ロビー団体、そして選挙権者(国籍変更者)。侵入の手段は、カネ、脅し、ビジネス、客、学生(オーストラリア国立大学の授業料収入の15%は中国人留学生)、サイバー、盗み、プロパガンダなどなんでもある。中国共産党の侵入により、オーストラリアの外交方針、国防、言論、報道、民主主義、歴史(オーストラリアへの最初の移住者イギリス人グループに中国人がいたことにされる)、教育、価値観などが共産党の都合の良いように曲げられた。中国共産党の世界での横暴行為に対して反対もできなくなる。
中国共産党は中国にルーツを持つ人々を利用してくる。現中国国籍の人、元中国国籍の人、親が中国国籍だった人、中国国籍でなくても中華系の人(華僑など)すべてに、祖国復興のために中国共産党への協力を強要する。祖国=中国=共産党をゴリ押しする。従わない人たちは排除される。オーストラリアが、中華系の人を国内で排除するのは人種差別とみなされるので無理。中国共産党は何でもやってくる。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

「家族の幸せ」の経済学~データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実~ 

kazokunosiawasenokeizaigaku.jpg
「家族の幸せ」の経済学~データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実~
「家族の幸せ」の経済学~データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実~

何々の経済学という本は避けてるんだけど、因果推論・EBP系ということで読んでみた。全編に因果推論の考え方がちりばめられている。因果推論を使ったデータ分析で、結婚、育児、離婚などの「よく言われること」と分析結果を対比する。データが得られない分野は分析できない。データが得られても日本のデータが得られなければ、日本人に関して言えることはかなり限定的となる。だから著者は日本でも、個人情報保護がなされるというベースで、もっとデータが必要と主張。内容的にはこの本と近いところもあった。本書で一番驚いたのは、離婚がしやすくなると女性の自殺率が減る、というところ。うまくいかない結婚のリスクはより女性側にある、という現実。あとはカネ。結局カネがあれば回避できる問題は多い。これはみんな知ってるし、分析結果も同様。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

オタク経済圏創世記 

otakukeizaikensouseiki.jpg
オタク経済圏創世記
オタク経済圏創世記

世界に輝く日本のマンガ・アニメ・ゲーム。キャラクター経済圏ランキングで世界1位に君臨するポケモン。マンガ・アニメ・ゲームのパワーはすごい。我が家のこどももマンガのためなら漢字も読もうと努力する。外国人のこどもにも日本のマンガ・アニメ・ゲームは人気。ネットフリックスが注力する日本のコンテンツがアニメなのもよくわかる。アメリカのコミック市場の3割は日本のマンガ。2.5次元(2次元のキャラクタービジネスが3次元リアルと融合)、ライブコンテンツ、メディアミックス、がオタクビジネスをさらにプッシュする。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない 

sekaihaxijinpinwoyurusanai.jpg
新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない
新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない

この著者の本も8冊目となった。ますますいい感じ。習近平・中国共産党の中華圏+αの強権支配に反乱が起きている。内戦のようになってしまった香港、反中で総統が決まった台湾、ウイグル文化抹殺、中国国内でさえ不満の声が強まっている。情報遮断でコロナウイルスを中国そして世界に広めた習近平・中国共産党の責任も明らか。
本書で特にいいのは第1章の香港。著者の香港愛が感じられる。大人は共産党にてなづけられてきたが、若者はおかしさに気づき立ち上がった。香港住民の7人に1人が参加となる100万人平和デモでも共産党・香港政府は聞く耳を持たない。平和デモが望ましいが、平和デモでは解決しない。対する共産党は歯向かう人間を除去してくる。究極的には平和デモで成し遂げられなければ暴力が必要になりうる。
著者の主張には同感できる。中国共産党は価値観を共有できる相手じゃない。中国共産党はありとあらゆる手段で自身の利益の最大化をしてくる(中国の超限戦 = 軍事だけでなく貿易、金融、世論誘導、フェイクニュース、サイバー攻撃、大外宣、などあらゆる手段を使った戦略)。中国共産党が指示できる会社に自国のインフラを握らせてはいけない。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Airbnb Story 

airbnbstory.jpg
Airbnb Story
Airbnb Story

エアビーは一度だけ使ったことある。なんかフツーの感じだった。ホストのおばちゃんはバックパッカー上がりでインドの話とかしたね。
1.エアビーを作ったのはデザイン専門の2人とプログラマー1人。デザインつながりで起業に行き着いた。
2.それでも事業はなかなか軌道に乗らず、$1で買ってきたシリアルのパッケージを変えて売って資金繰りをしのいだ時期もある。
3.ミレニアル世代から始まり、人々に受け入れられるうねり・現象となった。ミレニアル世代はSNSで友達やパートナーを見つけるのも当たり前で、ベッドをネット経由で借りるのも当然。ミレニアル世代は既製品であるホテル泊よりも、コミュニティ・体験を望んでいた。
4.ホテル業など既得権者との戦い。既得権者たちは政治も使うし法律も使ってくる。しかし消費者に受け入れられるものは生き残る。
5.結局ベンチャーキャピタルからカネを受け取れば成長がすべてに優先されるようになる。ベンチャーキャピタルのゴールはカネでしかない。つい最近もシルバーレイクから資金を受け取ってしまった。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック