FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

竜退治の騎士になる方法 

竜退治の騎士になる方法竜退治の騎士になる方法
(2003/11)
岡田 淳

商品詳細を見る


この作者(岡田淳さん)はすごい長いお話なのに、実際はちょっとの時間だったり夢の話だったりすることが多いです。この作品もそんな感じです。おもしろかったところは竜退治の騎士が関西弁を話すけど、名前はジェラルドと言うところです。

たまおすすめ度
★★★★★★

岡田淳さんの本はほとんど読んでいるくらいですが、どの本もおもしろいといつも言ってますよ(母)
スポンサーサイト

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

まだまだ続く2年A組探偵局 

ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)ラッキー・マウスの謎 (角川文庫―2年A組探偵局)
(1991/10)
宗田 理

商品詳細を見る


たまおすすめ度
★★★★★★

遺書の秘密―2年A組探偵局 (角川文庫)遺書の秘密―2年A組探偵局 (角川文庫)
(1995/11)
宗田 理

商品詳細を見る


たまおすすめ度

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

卵の緒 

卵の緒卵の緒
(2002/11)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


短編2作が収められています。両方とも小学校の男の子を中心に家族のあり方を描いたほんわかした作品です。はじめて瀬尾さんの本を読みましたが、女性特有のふんわりして、かつ何となく切ない感じの作品でした。「卵の緒」の方の書き出し部分などは子どもに読み聞かせすると楽しんでました。(この主人公がへその緒を見せてくれというと、親があなたは卵から生まれたからと卵の殻を渡された部分」(笑)まだまだかわいい小学生の男の子の話なので男の子のお母さんにはおすすめかも。

子どもにも充分読める作品ですが、愛人関係の子どもなどの設定があるので、まー高学年くらいからかな。いろいろな家族の形を和やかな雰囲気で書いている優しい人の本というイメージです。お正月とかにこたつでのんびりみかんでも食べながら読んだらいいかなというような軽めの作品。。(ってそれってどう言う本なんだろう。。)

母おすすめ度
★★★半

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

影の縫製機 

影の縫製機影の縫製機
(2006/12/11)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る


以前から我が家の本棚に置いてあったのですが、こどもには理解できないかなと思って紹介せずにいたが、子供達が見つけてきてこれおもしろいねと二人で朗読会になっていました。エンデの珍しい詩集です。大人も楽しめ子どももそれなりに楽しいようです。なかなかいいですよ。挿絵はやや不思議な感じだけど、子どもは先入観なく一生懸命読んでました。

たまひびおすすめ度
★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

2年A組探偵局のシリーズ 

2年A組探偵局 みな殺し学園 (角川文庫)2年A組探偵局 みな殺し学園 (角川文庫)
(1994/10)
宗田 理

商品詳細を見る


たまが最近ハマっている2年A組探偵局のシリーズです。このシリーズを読みだすと全く何を話しかけても無反応でまわりはかなり嫌がってます。。。。

たまおすすめ度
★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

おばけのトッカビ 

おばけのトッカビ (母と子の図書室 朝鮮の民話 1)おばけのトッカビ (母と子の図書室 朝鮮の民話 1)
(1972/06)
松谷 みよ子、瀬川 拓男 他

商品詳細を見る


以前朱川さんの「花まんま」に「トカビの夜」というお話があって、このトッカビが気になって借りてきたのですが、なんとなくイマイチでした。

たまおすすめ度
★★★

朝鮮の昔の民話をお集めた短編集です。

虎の牙    怪盗ルパン 文庫版第12巻虎の牙 怪盗ルパン 文庫版第12巻
(2005/02)
モーリス ルブラン、南 洋一郎 他

商品詳細を見る


ルパンにはあまりはずれがない。とにかくおもしろいよ。

たまおすすめ度
★★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

宗田理デー 

というわけで、昨日から上の子がはまっている宗田さん本がどさっと図書館に来てました。母は毎日予約の本をかついで帰ってくるのが一苦労になってきました。(笑)

ぼくらの『第九』殺人事件 (角川文庫)ぼくらの『第九』殺人事件 (角川文庫)
(1993/12)
宗田 理

商品詳細を見る


たまおすすめ度
★★★★★★

おそらくポプラ社から出しているぼくらシリーズの方が、巷でよく見る気がします。

奥の細道失踪事件―2年A組探偵局 (角川文庫)奥の細道失踪事件―2年A組探偵局 (角川文庫)
(1993/08)
宗田 理

商品詳細を見る


こちらのシリーズは中学2年生が設定で、上の「ぼくらシリーズ」はそれよりも上の学年の設定です。けど、このシリーズで登場する人が上のぼくらシリーズにも出てくるらしい

たまおすすめ度
★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

ハーブガーデン 

ハーブガーデン (物語の王国 10)ハーブガーデン (物語の王国 10)
(2009/10/23)
草野たき

商品詳細を見る


一か所涙が出そうになりました。最初はおもしろいのだけど、終りの方は感動的でした。

ひびおすすめ度
★★★★★★

久しぶりの草野たきさんの児童書をひびが図書館から自分で選んで借りてきました。以前「ハッピーノート」、「教室の祭り」など、たまはこの作家の本は4-5冊確か読んでいたのですが、この本ははじめてみます。私も久しぶりだったので、読んでみました。前半やや小学生向けなので大人には物足りない感で読んでましたが、後半から草野さんらしくとても読後感のいい、心に残るいい本でした。草野さんの本に出てくるお母さんっていつもとてもやさしくて心なごみます。

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

殺しの交換日記 

殺しの交換日記―2年A組探偵局 (角川文庫)殺しの交換日記―2年A組探偵局 (角川文庫)
(1997/04)
宗田 理

商品詳細を見る


ある殺人予告の犯人と殺人されそうな人を探すお話です。半分くらいで、殺人されそうな人はみつかりますが、殺人予告の犯人は最後の2-3ページで明かされます。最近読みたいと思うものがなかったので、このシリーズを今日図書館に予約したので、きたら読書週間になりそうです。(笑)

たまおすすめ度
★★★★★★

「ぼくらの7日間戦争」の作者宗田理さんのシリーズのようです。ちなみに「ぼくらの7日間戦争」はたまは大好きで、昔よく読んでました。

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

世界から貧しさをなくす30の方法 

世界から貧しさをなくす30の方法世界から貧しさをなくす30の方法
(2006/12)
田中 優、 他

商品詳細を見る


前回紹介した、「世界の半分が飢えるのはなぜ?」がとても考えさせられる一冊だったので、飢餓関係の本をもう一冊借りてみました。前回の本はフランス人が書いていることもあって、先進国と途上国のような感じで分けて話していますが、こちらの本は日本人が書いているため、日本が及ぼす世界の飢餓の状況も書いています。戦争で死ぬ人よりももっと多くの人たちが、飢餓のために1日4万人年間1200万人も死んでいく事実。そしてその現実を生み出している我々の生活や、日本が送り出すODAなどの歪んだ援助を知ると何とも言いようのない辛さを感じます。我々日本人はこうしている今も飢餓という戦争を引き起こしている張本人であり加害者ある事実をいいかげん受け止めなければならないのだろうと思います。そんな事実知らなかったと通すことはもう許されない段階に来ているのが現実では?

子どもにはやや言葉が難しいので、昨日のまんがを子どもには渡してみました。中学生以上なら読めると思います。(関心を持つかは、?ですが)これから先10年20年でこういう課題を子ども達(もちろん大人も)が認識していなければ、実は世界で生き抜くことも難しいのではと思われます。沢山の人の文章をまとめたものですが、どれも本当に何が大切かということが切実に伝わってくる一冊です。

母おすすめ度
★★★★★★

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック