FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

Gingerbread Man 


The Gingerbread Man (Usborne First Reading)The Gingerbread Man (Usborne First Reading)
(2011/07/01)
Mairi Mackinnon

商品詳細を見る


簡単な本ですぐ読めるけど、おどろきの結末。すごい展開です。

たまひびとらおすすめ度

スポンサーサイト



category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

政府は必ず嘘をつく 


政府は必ず嘘をつく  アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること  角川SSC新書政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書
(2012/02/10)
堤 未果

商品詳細を見る


堤さんの最新刊。彼女の本は4冊目~5冊目で、どれも驚愕することが多いのですが、今回のもとても驚かされるとともに題材が日本の事を多く取り上げているだけにかなりインパクトあります。選挙権のある日本人(のみならずですが)ならば必読図書にでもしてほしい一冊。3.11以来ずっと日本に対してもやもやしていた日本に対する違和感が、この本でだいぶクリアにできた気がします。ここ最近で読んだ本の中では一番にとにかくおすすめです。ひとりでも多くの人に読んでもらいたい一冊です!

母おすすめ度
★★★★★★

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

緑の模様画 


緑の模様画 (福音館創作童話シリーズ)緑の模様画 (福音館創作童話シリーズ)
(2007/07/15)
高楼 方子

商品詳細を見る


この本のテーマは友達です。ちょっと怖い気持ちになるお話です。主人公の三人は仲間割れするようなことがあっても、友達でいられたのは友情が深かったからだと思います。

ひびおすすめ度
★★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

利益が見えれば会社が見える 


「利益」が見えれば会社が見える―ムラタ流「情報化マトリックス経営」のすべて「利益」が見えれば会社が見える―ムラタ流「情報化マトリックス経営」のすべて
(2001/12)
泉谷 裕

商品詳細を見る


日本の代表的優良会社である村田製作所の原価管理についての解説本。何分教科書的なところがあり、読みにくいところもあるが内容は非常に良いし、勉強になる。底に流れる考え方は、
・利益が出なければ企業としての存続はできない。各工程での利益損失をわかるようにして、それをチーム・社員に認識させる。
・管理は経営の1ツールでしかない。そして管理は管理するためにやっているのではなく、経営の意思決定に役立たなければ意味がない。

読んでいて思ったのは、経営陣・社員が事業・そのリスクに対するオーナーシップ(著者は責任体制とも呼んでいる)を持つことの重要性。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Hedge Fund Fraud Casebook 


The Hedge Fund Fraud Casebook (Wiley Finance)The Hedge Fund Fraud Casebook (Wiley Finance)
(2010/02/15)
Bruce Johnson

商品詳細を見る


これは読む価値なかった。US$69もして、内容は古く、近年を代表するfraudであるMadoff事件もcaseとしてカバーしていない。多くのケースに共通するテーマとしては、もともとがfraudだったのではなく、損失が大きくなるにしたがってfraudに発展していった、というもの。最近日本で話題になっているケースもそのように報道されている模様。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Fantastic Mr. Fox 


Fantastic Mr. FoxFantastic Mr. Fox
(2012/01/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る


学校の1日20分の読書タイムに毎日すこーしづつたまが読み進めていたようです。若干ロアルドダールのものはウィットにとんだ文が多く、初心者には英語だと分かりずらい所も多いですが内容がおもしろいので勉強中の娘も読めたようです。同年代のお友達からいただいた本です。ありがと~!

邦題は「すばらしき父さん狐」だと思います。

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

白い盾の少年騎士〈上〉 

王への手紙の続編。かなりこのシリーズおもしろいようで次女は楽しみにしていたようです。岩波少年文庫の青ラベルなので(中学生向け)読み切れないかなと心配してまた上巻しか買っておらず、まとめてちゃんと買っておいてよ~と怒られてしまいました。


白い盾の少年騎士〈上〉 (岩波少年文庫)白い盾の少年騎士〈上〉 (岩波少年文庫)
(2006/11/16)
トンケ・ドラフト

商品詳細を見る


この本は全てが戦いです。主人公のティウリ、白い盾をもつ黒い馬のアルダヴェンに乗った騎士の話です。一番心に残ったのは敵につかまった時に敵のヤロが彼をたすけてくれたところです。とてもドキドキして一気に読んでしまった方がいいですよ。騎士たちの戦いがどんな感じかありありと感じられます。

ひびおすすめ度
★★★★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか 


子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか―日本の「男性社会」が子供をダメにした!?子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか―日本の「男性社会」が子供をダメにした!?
(2004/09)
三沢 直子

商品詳細を見る


ゲームやテレビの影響などからくる子どもの社会性の乏しさ、そしてEQの育たない現代社会についてなどなどかなり驚かされると同時に怖かったです。実際我が家の子どももコンピューターや携帯からゲームにじわじわ浸食されつつありかなり心配になってしまいました。とくに3歳の息子は!後半は虐待がなぜ起こるか、日本の子育て全般の問題なども面白かった。さすがに12年育児をしていると、そこまでインパクトはないけど育児にかかわる母のみならず父にもおすすめの一冊。

母おすすめ度
★★★★★

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

武士道解題 


「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは
(2003/03)
李 登輝

商品詳細を見る


今は台湾人であるが生まれ育ちは日本人である李登輝元台湾総統による、新渡戸稲造の武士道の解説。漢字や表現が難しくてわからなかったところもあった。Bushido is the code of moral principles which the samurai were required or instructed to observe. 武士道とは侍の道徳的倫理である。名誉、義(正しいこと)を重んじ、誠実に、実践・行動せよ、というメッセージ。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

キツネたちの宮へ 

シノダシリーズの最新刊。これもひびのお誕生日にいただいたもの。我が家の姉妹はこのシリーズが大好きで、来るなりウオー!と喜んでました。ありがと~!!


キツネたちの宮へ (シノダ!)キツネたちの宮へ (シノダ!)
(2012/01/17)
富安 陽子

商品詳細を見る


このシリーズは全てピンチを切り抜けるような本です。びくびくわくわくする巻。(ひび)

たまひびおすすめ度
★×10

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック