FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

Zombie Banks  


Zombie Banks: How Broken Banks and Debtor Nations Are Crippling the Global Economy (Bloomberg)Zombie Banks: How Broken Banks and Debtor Nations Are Crippling the Global Economy (Bloomberg)
(2011/11/22)
Yalman Onaran

商品詳細を見る


ゾンビ銀行とは実質死んでるが死にきってない銀行とのこと。実際Financial Timesでも使われる言葉だし、Wikipediaにものっている。2007からの金融危機を銀行破綻という観点でグローバルに俯瞰している(特にヨーロッパ部分が多い)。トーンとしてはSheila Bair/Paul Volcker派。まとめると、悪い銀行を実際に破綻させて清算したアイスランドは正解だった、ゾンビ銀行の債務を国が保証したアイルランドは首がまわらなくなった(国民に負荷が高すぎる)。その中間がアメリカ、ドイツあたり。ダメなものは潰さないと、問題は長引いて大きくなる。企業活動、金融取引は多国間だが、法規制(破綻法制含む)はそれぞれの国別になっており、resolutionが難しくなっているという点もあげられている。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

読書案内本 


10代の本棚――こんな本に出会いたい (岩波ジュニア新書)10代の本棚――こんな本に出会いたい (岩波ジュニア新書)
(2011/11/19)
あさの あつこ

商品詳細を見る


この本は10代の若者が興味を持ちそうな人達が語る読書歴を紹介するような本でした。あさのあつこ、はやみねかおる あたりがたまの興味を引くかなと思い買って見たのですが、他にも堤未果、アン・サリー、佐藤多佳子などなど半分以上は彼女も知っている人が書いてました。でもおそらく読んでいたのははやみねかおる他2人くらいかな。やや大人向けの感じに書かれてます。私的にはおもしろかったですよ。


本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
(2011/10/21)
宮崎 駿

商品詳細を見る


真ん中の娘はいまだに岩波少年文庫シリーズを読んでくれるので、しかも宮崎さんのお勧め本というのもあって、こちらは真ん中の娘にどうかしらと思い買ったのですが、こちらはかなり子供向けに書かれてます。本人はあまりこの手の本は好きでないようで読まずでしたが、親がざっと読むのでもいいし夏休みなどの親子読書を選ぶ時に使えるかなという感じかも。若干やはり彼の紹介のせいか、内容よりも挿し絵などの感想やこういう話を映画にしたかったなという部分が多いです。(笑)


category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック