FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

日本を捨てた男たち 


日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」
(2011/11/25)
水谷 竹秀

商品詳細を見る



読み始めると止められない。日本での生活に嫌気がさし、女に惹かれてフィリピンへ、そして金を使い果たし(またはむしりとられ)、フィリピンで実質ホームレス生活をしている日本人男性たちの話。彼らがバカだった、自己責任である、日本に居場所がない、それでも生きるにはカネがいるし食べ物もいる、彼らをネタに食っている記者がいる、女性側(の家族・親戚)もサバイバルのために必死、など何が正しいかとは関係なく現実だ。フィリピンを知らない日本人がこれを読んだらびびると思う(デパートで拳銃が売ってることなど含めて)。同時に貧困の中での助け合いなどフィリピンの良さの部分もあるが。世の中の男性諸氏には身を持ち崩すケーススタディとして価値あるのではないか。おすすめ。


スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The Jaguar's Jewel 


A to Z Mysteries: The Jaguar's Jewel (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Jaguar's Jewel (A Stepping Stone Book(TM))
(2000/02/22)
Ron Roy

商品詳細を見る


A to Zシリーズ

ひびおすすめ度





category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか 


なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのかなぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか
(2012/11/30)
ロバート・C・アレン

商品詳細を見る


これは退屈な本だ。主に産業革命以後の話で、欧州=豊かな国の視点で描かれているが、歴史のポイントのとり方によっては中国が進んでいた時代、イスラムが最先端だった時代などもあったんじゃなかったっけ。そもそも経済学者は後講釈の人たち、と個人的に思ってるのでネガティブスタンスで読んでしまう。「歴史上の短期間を切り取って、モデル化して、過去事象を説明できる方法を考えて、成功失敗を決定する」というアプローチはもともと気に食わない。この本もあまりに駆け足(たとえば、鄧小平以後の中国発展を数ページでカバー)で何の足しにもならない。



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

なぜ勉強しても出世できないのか? 


なぜ、勉強しても出世できないのか? いま求められる「脱スキル」の仕事術 (ソフトバンク新書)なぜ、勉強しても出世できないのか? いま求められる「脱スキル」の仕事術 (ソフトバンク新書)
(2012/10/18)
佐藤 留美

商品詳細を見る


さらっと読めてちょっといいねぐらいの内容。雇用の安定が揺らぐ中、スキルアップ(TOEIC、資格、ビジネススクール学歴、などなど)を求める人が増えたが、不幸せになっているスキルアップ信者が実は多い、と著者は言う。スキルアップを煽っているのは人の不安に乗じて稼ごうとする「コンプレックス商法」の人たち(たとえば人材サービス業者、資格試験スクール、ビジネス書著者、など)であることが多いという基本的事実も認識する必要がある。本書のタイトルの逆だが、勉強すれば出世できる、と思ってたらかなり危ないと思う。






category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The Panda Puzzle 


A to Z Mysteries: The Panda Puzzle (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Panda Puzzle (A Stepping Stone Book(TM))
(2002/02/26)
Ron Roy

商品詳細を見る


パンダを探す謎解き。怪しいのは3人。その中に犯人が。

ひびおすすめ度
★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

さらば国策産業 


さらば国策産業―「電力改革」450日の迷走と失われた60年さらば国策産業―「電力改革」450日の迷走と失われた60年
(2012/11/23)
安西 巧

商品詳細を見る


福島第一の原発事故を中心に、東電のリストラクチャリング、電力業界の再編、電力業界・経団連の抵抗、破綻している核燃料サイクル(トイレのないマンション状態)、などを解説。真摯な内容ではあるが、これまでの新聞報道・東電関連書・原発事故関連書の寄せ集め的で、特に目新しいものはない。もう十分読んでいるトピックだったので正直退屈だった。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The Empty Envelope (A to Z) 


A to Z Mysteries: The Empty Envelope (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Empty Envelope (A Stepping Stone Book(TM))
(1998/06/16)
Ron Roy

商品詳細を見る


封筒は空っぽなんだけど、、、秘密が。


ひびおすすめ度


category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

ハンガーゲーム (下) 


ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ)ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ)
(2012/07/06)
スーザン・コリンズ

商品詳細を見る


最後があっけない。予想した結果なんだけど、一番最後に。。。

ひびおすすめ度
★★★★★★★★

category: 小学生の本

cm 0   tb 0   page top

モサド・ファイル 


モサド・ファイルモサド・ファイル
(2013/01/09)
マイケル バー=ゾウハー、ニシム ミシャル 他

商品詳細を見る


すごー。驚愕の内容。リアルミッションインポッシブル、リアルマスターキートン(こどもたちが読んでるので)の世界。2010年テヘラン、モサド工作員のバイクが車を抜かすときに車の後部にある装置をつけ、乗っていたイラン人核科学者は直後に爆死した、など近年の活動も含む。著者はイスラエル人であり、あくまでイスラエル側から見た善悪ベースでの世界諜報戦。本書はモサドの歴史であるにも関わらず、イスラエル国家の歴史(そして中東近代史)でもあると思う。CIAがなくてもアメリカは存在しえたと思うが、モサドがなければイスラエルの存在はどうなったんだろう。

たしかイスラエル入国で日本人チェックが厳しかった記憶があるけど、それに関するテルアビブ空港乱射事件の記述はなかった。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

オーデュボンの祈り 


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最近いっきに3冊kindleで伊坂さんの作品を読んでみました。この本はデビュー作ということもあって、なんかこう力の入っていて若さを感じる作品。村上春樹さんの本の展開に少し似ているのことだったが、確かにそんな感じもする。でもならばやはり村上春樹の方がいいとかな。。。なんかちょっと浅いというか、意図するところが私の感性と違うのか? この本の前に読んだ最近の伊坂さんの作品とはかなりインパクトもイメージも違う。こちらはインパクトは大きく読後感が良くないが、彼自身の思いがとても伝わってくる作品。おもしろいけど、今の自分には最近の作品の方がいいかな。。。

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック