FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

尖閣問題とは何か 


「尖閣問題」とは何か (岩波現代文庫)「尖閣問題」とは何か (岩波現代文庫)
(2012/11/17)
豊下 楢彦

商品詳細を見る


読む価値大いにある。尖閣諸島は魚釣島等といわれるが、そもそも5島あり、そのうちの1島は以前より国有(そして米軍管理下)であり、また1島は私有だが米軍の管理下にある。つまり国の購入以前に国有であり、安保対象かどうか以前に米軍管理だったわけだ。東京都知事だった石原氏が買おうとしたのは上の2つ以外の3島であり、石原氏は中国を怒らせ、日中関係を緊張関係に持ち込み、中国との軍事紛争を引き起こし、米軍を巻き込むことを狙っていた、とのこと。スパイ小説も真っ青。また、米国から見れば尖閣含む領土問題を日本が抱えることそのものが利益であるが、紛争は望ましくない。日本がよく言う日本固有の領土という概念も国境線が時代で動く世界では通用しない概念とのこと。著者は対ロシア、対韓国との領土問題の解決についても述べている。
北方領土。もともと北方領土という言葉は存在せず、南千島2島と歯舞色丹2島という位置づけであり、その分け方で日ロは解決すべき。
竹島。日本が竹島の領有を閣議決定したのは韓国併合に至る第1次第2次日韓協約と同タイミングであり、韓国側から見れば領土問題ではなく植民地問題である。これを踏まえて、韓国との全面的問題解決として日本は竹島を放棄すべき。


スポンサーサイト

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

アグルーカの行方 


アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極
(2012/09/26)
角幡 唯介

商品詳細を見る


挑戦者魂の偏差値で見たら早大探検部は東大法学部を大きく上回ることだろう。この本で探検部出身の著者とパートナーは、北西航路を探して全滅した英フランクリン隊の北極探検ルートを辿る。最も心に残ったのは、野性の牛を食べるために殺したら、その子供の牛がついてきてしまい、仔牛だけでは生きられないので殺した、というところだな。正しいとか正しくないとかではなく、人が生きるということは他を殺して成り立っているという事実。途中でインフレータブルカヤックをアマゾンで買ったという話がでてくるんだけど、我が家でこどもが川下りに使っているのと同じやつだった(うちでは何度も穴開いた)。個人的には著者の第1作であるツアンポーの方が好きだな。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Frindle  


FrindleFrindle
(1998/02/01)
Andrew Clements

商品詳細を見る


Nickと言う子がpenのかわりにfrindleと言う言葉を作り上げて先生たちと戦いになるお話です

おすすめ度
★★★★★★

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

Mr. Popper's Penguins 


Mr. Popper's PenguinsMr. Popper's Penguins
(1992/11/02)
Richard Atwater、Florence Atwater 他

商品詳細を見る


のんきなMr.Popperとペンギンのお話です。

おすすめ度
★★★★

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

A Swiftly Tilting Planet 


A Swiftly Tilting PlanetA Swiftly Tilting Planet
(2007/05/06)
Madeleine L'Engle

商品詳細を見る


wrinkle in time の3冊目。Charles Wellesがユニコーン(時間を飛べる)にのって過去をかえる話。おもしろいよーー

たまおすすめ度
★★★★★★★

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

ルワンダ中央銀行総裁日記 


ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)
(2009/11)
服部 正也

商品詳細を見る



これはすばらしい。プロの仕事の記録。戦争経験者である日銀マンが、超底辺国に中央銀行総裁として赴任し、現地では自分で帳簿つけて報告書書いて法律も書き、大統領・大臣・IMF・旧宗主国・外人商人・国民と深くかかわり、中央銀行・金融・財政の再建を行う。中央銀行家の仕事を大きく逸脱するわけだが、何にもないところではごちゃごちゃ言わずにやらなければならないことがある。圧巻は為替レートの一本化に関連する一連の行動。はっきり書いてないんだけど著者は英語・フランス語で税法や銀行法を自分でかけるぐらいの能力がある(かつ非白人だからIMFから白羽の矢だ立ったのではないか)。おまけだけど、ルワンダ虐殺時に撃ち落されて死亡したハビャリマナ大統領は服部氏の当時の部下であった。





category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

ワーク・シフト 


ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
(2012/07/28)
リンダ・グラットン

商品詳細を見る



期待して読んだので内容にがっかり。机上経済学者の書くものだけでなく、経営学者の書くものもつまらないこと多い。今から10年ちょっと後には世界言語翻訳機があるので世界の人が先端業務を一緒にできて、などの仮想ケースが並ぶんだけど納得感薄い。仮想ケースで脳外科手術を言語翻訳機と国外遠隔指示でやるっていうんだけど、さて翻訳機の翻訳ミスによる手術ミス、遠隔機の故障、実際に患者を見ていないことによる誤診、医療ミスにおける法律の違い、などのリスクは誰がとるんでしょう? 世界の最先端分野が国籍など関係なくなるというのは良く理解できる。だってリーマン予想を解ける人、100メートルを9秒で走る人には国籍は関係ない。しかし、多くの仕事・生活はそれぞれの国・文化・法律・言語を抜きにしては成り立たないと思う。世界は今よりはフラットになっても、完全フラットにはならないだろう。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

子供に言った言葉は必ず親に返ってくる 


子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる―思春期の子が素直になる話し方子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる―思春期の子が素直になる話し方
(2006/06)
ハイム・G. ギノット

商品詳細を見る



我が家にrelevantだし置いてあったので読んでみたけど、怒っても得ることないというところ以外はふーん、という感じ。



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

恐怖の谷 


恐怖の谷 (新潮文庫)恐怖の谷 (新潮文庫)
(1953/08/07)
コナン・ドイル

商品詳細を見る


最近急にコナンドイルにまた戻ったようです。妹にもやたらおすすめしてました。

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

中学時代にしておく50のこと 


中学時代にしておく50のこと (YA心の友だちシリーズ)中学時代にしておく50のこと (YA心の友だちシリーズ)
(2008/10/23)
中谷 彰宏

商品詳細を見る


いかにもって感じで読まないかなと思ったけど真剣に読んでました。感想は聞いてないです。。。。

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック