FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

海賊とよばれた男 


海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る



海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る



出光の創業者出光佐三をモデルにした歴史経済小説(出光HPを見ると小説がかなり事実に即していることがわかる)。血湧き肉踊る主人公の大ピンチと大活躍。軍部に負けず、業界に負けず、官僚に負けず、GHQに負けず、英海軍の裏をかき、欧米資本のセブンシスターズと戦う大和魂。最高の内容だし、これは日本人に響く。現代日本人はこういうヒーローを求めてるというわけだが、裏返せば現実では欧米資本・官僚・業界などにへつらっているということなのかもね。


スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

In the Year of the Boar and Jackie Robinson 


In the Year of the Boar and Jackie RobinsonIn the Year of the Boar and Jackie Robinson
(2003/09/02)
Bette Bao Lord

商品詳細を見る



アメリカに引っ越してきた英語の分からない中国人の女の子の話。

ひびおすすめ度
★★★★★


category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

Meet the Austins  


Meet the Austins (Austin Family Chronicles)Meet the Austins (Austin Family Chronicles)
(2008/09/02)
Madeleine L'Engle

商品詳細を見る


Maggy っていう超嫌な奴が家に来ていろんなこと起こるみたいな話・

たまおすすめ度
★★★★★★

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

Rise: An Eve Novel 


Rise: An Eve NovelRise: An Eve Novel
(2013/12/17)
Anna Carey

商品詳細を見る


なんか図書館から適当にとって来たら3巻目でショックだったけど(しかも前の2巻も図書館にあったのに)結構おもしろかった
なんか2023にすごい病気が流行って結構死んじゃって、で、なんか新しい王国みたいので革命起こすみたいな話

たまおすすめ度
★★★★★★★★

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 


在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
(2013/10/22)
在中日本人108人プロジェクト

商品詳細を見る



中国在住日本人の体験談集。中国には10億以上の人がいるわけで、当たり前といえば当たり前だが、反日な人もいるし、そうでない人もたくさんいる。中国在住の日本人(14万人いる)にも、尖閣・反日で嫌な思いをした人もいるし、そうでない人もたくさんいる。メディアは自らの利益に忠実なので、一方的な絵を描きたがるが、世の中はそんなに単純じゃない。中国人も多様だし、中国にいる日本人も多様だ。反日の話題はともかく、日本を飛び出して中国で独立して仕事をしている人たちがすごいと思った。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

ジェネンテック 


ジェネンテック―遺伝子工学企業の先駆者ジェネンテック―遺伝子工学企業の先駆者
(2013/08)
サリー・スミス ヒューズ

商品詳細を見る


遺伝子工学の研究を主たる活動とする企業の誕生。当時は大学の一流研究者が営利活動に関わるのは疎んじられていたが、一微生物学研究者が失業中の投資家と意気投合して、1人500ドルずつ出し合ってジェネンテックを設立。ヒト組み換えインシュリンの生成でハーバード大学に勝ち、研究企業として生き残る。ジェネンテックの成功はバイオテックという産業を作り出す。興味深い話なんだけど、バイオテックビジネスの難しさはその後も変わらないわけで、すごい成功例もあるもんだなぐらいの感覚。驚いたのは、ジェネンテック当初には日本人研究者も大活躍していたこと。一流日本人研究者はいても、一流バイオテック企業はアメリカに生まれてしまったんだね。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

My Name Is Parvana 


My Name Is ParvanaMy Name Is Parvana
(2012/09/25)
Deborah Ellis

商品詳細を見る



Shauziaの話とParvanaの話が最後の最後につながる。この人たちには勉強が大事なんだね。


ひびおすすめ度
★★★★★★

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

それゆけ!連合ユニオンズ 


それゆけ!連合ユニオンズ [上]それゆけ!連合ユニオンズ [上]
(2013/09/08)
城繁幸

商品詳細を見る



それゆけ!連合ユニオンズ [中]それゆけ!連合ユニオンズ [中]
(2013/09/08)
城繁幸

商品詳細を見る



それゆけ!連合ユニオンズ [下]それゆけ!連合ユニオンズ [下]
(2013/09/08)
城繁幸

商品詳細を見る


労組の連合がプロ野球チームを買収し、終身雇用・年功序列の連合ユニオンズができるという話。結果を残すために働く他のプロチームと、終身雇用・年功序列の社員チームが競うことの滑稽さが描かれる。まあおもしろい設定だと思うんだけど、後半に野球からちょっと離れてしまったのが残念。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

避難弱者 


避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?
(2013/08/30)
相川 祐里奈

商品詳細を見る


福島原発付近の老人ホームからの避難。多くの人の善意によって、避難が何とか綱渡りで進む。しかし、老人ホーム職員にとって、老人ホームの老人と自分の家族のどちらを優先するのかというのは難しい問題として残る。読んでいてやるせなくなってくるけど、最大の問題は原発事故そのものであり、弱者の避難がいかに無理なものかというところに行きつく。それでもこの国は原発再稼働に向けて動いている。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Mud City  


Mud CityMud City
(2004/09/30)
Deborah Ellis

商品詳細を見る



話はいいんだけど、主人公Shauziaがちょっとむかつく。Shauziaは自分に自信がありすぎ。


ひびおすすめ度
★★★★★ 

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック