FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

不本意な敗戦 


不本意な敗戦 エルピーダの戦い不本意な敗戦 エルピーダの戦い
(2013/10/08)
坂本 幸雄

商品詳細を見る


エルピーダは最終的には会社更生に入ったが、傾いていたDRAMジョイントベンチャーを世界3強まで持っていった坂本社長はさすがだ。もちろん銀行団から見れば突然の会社更生決断、レックスチップへの巨額投資、などはいろいろ議論あるところなんだろうけど。日本企業(電機)に対する厳しいコメントがいろいろあり納得感高い。経営企画部はいらない(正に社内官僚が跋扈するところ)、M&Aのたすき掛け人事のバカバカしさ、子会社化することは選択と集中ではない、硬直的な人事システムの中で経営者の育成ができていないこと、などなど。中でも「市場の時間軸が短くなったのに組織・経営の時間軸が変わっていないこと」はど真ん中だと思う。しかし、他社の問題を指摘したって、自社も結局サムソンに負けたわけで、経営者としての結果責任は果たせなかったと思う。


スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Out of Sight, Out of Time 


Out of Sight, Out of Time (Gallagher Girls)Out of Sight, Out of Time (Gallagher Girls)
(2013/01/08)
Ally Carter

商品詳細を見る


1巻より大規模になっていておもしろい。といっても、1巻とこの最新刊しか読んでないけど。

たまおすすめ度
★★★★★★★

category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

僕の父は母を殺した 


僕の父は母を殺した僕の父は母を殺した
(2013/09/04)
大山寛人

商品詳細を見る


この父の犯した罪は死刑に値すると思う(最後に出ている最高裁判決が明白)。しかし、人は生まれ育つ環境を選べない。環境のその個人に与える影響は甚大だ。この父もかわいそうな環境で育っている。そして著者も、人殺しの被害者家族でもあるのに、殺人者の息子として社会から疎外されて育っている。疎外されるべきでないと言うのは簡単だが、自分の娘が殺人者の息子と付き合っていればそれは考えてしまう。難しい。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか? 


英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋
(2013/09/27)
大石哲之

商品詳細を見る



これはなかなかおもしろい。後半はだれてるけど、前半はいい。日本が成長期にあったとき、またはその残り香があったときは、大学を出て人生を捧げます、といえば正社員になれる人も多かったわけだがその時代は終わった。一部のスーパー学生には問題はないが、その他大勢にはツライ状況となった。著者が言うように先進国の常識は、文系ノースキルの学生は(英語くらいできても)仕事がないのが当たり前だ。だから、日本の良い時代が過ぎれば、当然に日本でも文系ノースキルの学生には職はない人が増えても驚きに値しない。真にゼロスキルであれば仕事はできない、つまり、職はないわけだ。だから、著者はフィリピンに6ヵ月語学留学してさらに6ヵ月アジアでインターンをして、スキル+経験を積むことを一例として提案している。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック