FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

北朝鮮経済のカラクリ 


北朝鮮経済のカラクリ (日経プレミアシリーズ)北朝鮮経済のカラクリ (日経プレミアシリーズ)
(2013/12/10)
山口 真典

商品詳細を見る


うーん、北朝鮮はよくわからないことだらけだから、この本を読んでなるほどと思えることはいろいろあった。でも、では結論的に北朝鮮はどうなのか、どうなるのか、というと読み終えてもやっぱりよくわからない。地方の庶民は生き残るのに精一杯で反抗する気力もないし、金正日が作り上げた人民相互密告システムもワークしている。特権階級者しか住むことができない平壌では、エリート層の忠誠に金正日・金正恩はぜいたく品のばらまきなどで報いている(だからマカオのバンコデルタアジア制裁などは金政権に大きな打撃となった)。エリート層、軍部、庶民も金にとっては敵ではないらしい。では金政権・北朝鮮国家はそんなに安泰なのだろうか。最近は米国のランド研究所が北朝鮮崩壊リスクに関するレポートを出していた。北朝鮮が安定しているとは思えないし、同時に、これまではなんだかんだいって国家継続してきているのも事実なわけで、やっぱりよくわからないところだ。


スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Harriet the Spy 


Harriet the SpyHarriet the Spy
(2001/05/08)
Louise Fitzhugh

商品詳細を見る


最初全くおもしろくない。Book 1, 2, 3に分かれてるんだけど、Book 1 がありえないほどつまらない。Book 2 & 3はおもしろいけど。

ひびおすすめ度
★★★★★

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

現代中国悪女列伝 


現代中国悪女列伝 (文春新書 946)現代中国悪女列伝 (文春新書 946)
(2013/11/20)
福島 香織

商品詳細を見る



主にゴシップ。しかも著者の独自の取材・調査・分析などは皆無。中国でなくたってそうだと思うが、権力・カネが中心の現代中国。まあとにかく弱肉強食サバイバルなんだから、各自自分の使えるモノはすべて使ってのし上がり、チャイニーズドリームをつかもうとする。そんな状況でのバトルロイヤルで女の武器を使った女性だけを責めるわけにはいかないと思う。
(本著者の本はおもしろいことがわかって、後日ソフトな感想とした。)

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

アジアのインフラビジネス 


実践 アジアのインフラ・ビジネス:最前線の現場から見た制度・市場・企業とファイナンス実践 アジアのインフラ・ビジネス:最前線の現場から見た制度・市場・企業とファイナンス
(2013/06/26)
加賀隆一

商品詳細を見る


これはプロの著作だ。実際にインフラビジネスに現地で長期間に携わっている著者。特に優れているのが、インフラビジネスをやるときのいろいろなリスクの解説と、それぞれのリスクが顕在化した具体例の説明だ。過去の重要ケース・その問題点が身にしみこんでいるんだろうね。現地政争の飛び火でインフラビジネスの事業権が剥奪されたケース、先方の国家・自治体・ユーティリティによる契約違反、現地法制度・裁判システムによる問題、などなど。あとがきにある「アジアで日本のプレゼンスが年々低下していること」の危惧は同感。日本の経済力・国力は世界的には大きく落ちているわけだけど、日本国内にいるとそんな単純なことに気付かないんだよねー。この本はシップ・ファイナンスと並べてオフィスにキープしよう。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち 

この3か月はまたまた忙しくて本が読めず、精神的によくない。読書の時間が減ると精神的に不安定になるのは私だけだろうか....


明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
(2013/02/27)
山田 詠美

商品詳細を見る


比較的新しい山田さんの本久しぶりに読んでみました。サクサク読めておもしろかったけど途中なんだかちょっと白けた感じでも最後はとても切ない終わり。これからは自分自身ももっと死に直面することも多くなるのかなと思うとちょっと考えちゃいました。


フライ,ダディ,フライ (角川文庫)フライ,ダディ,フライ (角川文庫)
(2009/04/25)
金城 一紀

商品詳細を見る


1か月前くらいに読んだ本。こちらも軽めの金城さんの本。前回読んだ彼の作品よりずっと明るくて3の路線で中身もややチープだけど忙しくて本が読めない時はこれくらいがいいのかなと。続編もあるので読もうかな~

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

The Gatekeepers  


Gatekeepers [DVD] [Import]Gatekeepers [DVD] [Import]
(2013/07/09)
Ami Ayalon、Avraham Shalom 他

商品詳細を見る


イスラエルでは、モサドが国外インテリジェンスを担い、シン・ベトが国内(ウェストバンク含む)インテリジェンスを担う。シン・ベトの歴代責任者とのインタビューを通して、イスラエルの現代史(まあ現代史しかない国なわけだけど)および対パレスチナ関係が解説される。2013年のアカデミーでは、本作と5 Broken Camerasの両ウェストバンクものがドキュメンタリー部門の候補作だった。パレスチナの人々の現在の苦難もあるが、ジュイッシュにも歴史的苦難がある。平和を求めたラビン首相は暗殺され、PLOアラファトも死んだ(暗殺説あり)。映画内で出てくる"One Man's Terrorist is Another Man's Freedom Fighter."というコメントが、正義は1つではないこと、パレスチナ問題の解決の難しさを示していると思う。

category: 映画 DVD

cm 0   tb 0   page top

21世紀の新しい数学 


21世紀の新しい数学 ~絶対数学、リーマン予想、そしてこれからの数学~ (知の扉)21世紀の新しい数学 ~絶対数学、リーマン予想、そしてこれからの数学~ (知の扉)
(2013/07/23)
黒川 信重、小島 寛之 他

商品詳細を見る


たまたまこの本を読んでるときに下のNHKスペシャルを家族で見た。番組の方は、かなりの簡略版・テレビ向け編集だけど、それでも何も数学を知らない人も楽しめるようになっていてなかなかだと思う。さて、本の方だけど、対談を楽しめるのは大学で数学を専攻したかそれに近いレベルにある人だけだろう。僕には届かないレベルだね。後半のコホモロジーだとかF1スキームだとか意味不明。F1スキームは絶対数学とも呼ばれ、一元体と書いてあることもあるみたい。さて、何となく読めた前半の発見としては、
1.望月教授のabc予想証明が正しくても、フェルマーの最終定理の別証明とはならない。abc予想の不等式の右辺には定数項があるし、素因数積の指数は1+εであり、たかだか有限個という結果であるから。ε=1、かつ、定数=1の不等式が完全に成り立てば、フェルマーの最終定理がそのまま証明できるわけだが。
2.望月教授のabc予想の解き方とフェルマーの最終定理の解き方は、楕円曲線の解・保型形式に対応するかに持ち込むという点では非常に近い。ただし、望月教授のabc予想でも、F1スキームが使われているらしい。
3.リーマン予想では実部が1/2というだけで虚部については何も言っていないわけだが、その虚部についての規則性について調べる深リーマン予想(DRH)というものがある。
4.整数も環だし、多項式も環である。整数と多項式には強力な類似性がある。たとえば、一意分解整域であることなど。多項式の方が扱いやすく(たとえば微分が可能)、多項式バージョンのabc予想はABC定理となっているし、多項式バージョンのリーマン予想は既に証明されている。


リーマン予想・天才たちの150年の闘い ~素数の魔力に囚われた人々~ [DVD]リーマン予想・天才たちの150年の闘い ~素数の魔力に囚われた人々~ [DVD]
(2010/05/28)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The Cricket in Times Square  


The Cricket in Times SquareThe Cricket in Times Square
(1970/10/01)
George Selden

商品詳細を見る


ネコとネズミとキリギリスの話なんだけど、キリギリスは歌が歌えるってことなんだよね。

たまおすすめ度
★★★★★


category: 中学生の本

cm 0   tb 0   page top

Ingo  


IngoIngo
(2006/05/01)
Helen Dunmore

商品詳細を見る


マーメイドの話だよ。

ひびおすすめ度
★★★★★★★

category: 洋書

cm 0   tb 0   page top

プロ野球改造論 


日本プロ野球改造論 日本プロ野球は、日本産業の縮図である! (ディスカヴァー携書)日本プロ野球改造論 日本プロ野球は、日本産業の縮図である! (ディスカヴァー携書)
(2013/03/15)
並木裕太

商品詳細を見る


これはいい本だな。僕はプロ野球に詳しくないけど、日本プロ野球が下火なのは感じる。観客数、視聴率などもどんどん下がっているんだね。スポーツエンタテインメントなんだから、盛り上がらなければ、ファンがついてこないし、結果収入もなくなってそもそも良い選手・指導者を集めることも難しくなる。アメリカのメジャーリーグ、韓国のリーグはいろんな手を打って、盛り上がって、成長している。レベルは相応に高いのに、閉塞感漂い、現状が悪いのに現状に固執する日本プロ野球。メジャーリーグは成功していても、さらなる成長を求めて変化を恐れない。


category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック