FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

撤退するアメリカと無秩序の世紀 

撤退するアメリカと「無秩序」の世紀
撤退するアメリカと無秩序の世紀

国内を向くアメリカは、世界の軍事基地などを縮小している。ざっくりいえば、地球の反対側の紛争でカネや国民の命を使うより、国内社会保障を充実しろ、という流れだ。さて、その行く先はどこなのか。第2次世界大戦後の世界秩序を守ったのはアメリカであり、そのアメリカが世界秩序を守らなければ、中国にその力があるわけはなく、世界は混沌に向かう。アメリカがいくら限界を感じていたとしても、世界秩序を守れるパワーはアメリカにしかない。中国は東シナ海、南シナ海、台湾まで手を伸ばす(尖閣諸島もこのコンテクストの問題である)。核保有国は増える(中東、アジア)。国家分裂リスク増(スコットランド、カタルーニャ、ベルギー)、ロシアの勢力圏増。著者は割れ窓理論をもとに、アメリカの撤退に反対する。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック