FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

異端児たちの決断 

異端児たちの決断
異端児たちの決断

うーん、著者は日経記者なんだけど正にコーポレートジャパン、日立ヨイショーという感じ。鈍牛、日立時間を持つと言われた日立が窮地に陥り、事業・人のリストラクチャリングを行う。従業員20万人超、関連会社900社超、という日立のリストラクチャリングを行った経営陣チームはすごい。だけど、その動けない肥満体・窮地に陥ったのは威張れたもんじゃない。日立の技術者(理系)が「元は」めちゃくちゃ優秀なのは認めるけど、ぶらさがる気な奴が会社に数十年いればダメになるよ。本書の最後にリストラクチャリングを実行した経営者はラストマンの気概を持っていたとあるけど、つまり他の従業員・他の経営陣はラストマンの気概がないということ。本書は日本人読者を念頭において雇用を守るのを偉いというトーンにしているけど、ぶら下がりを認める経営者は自分がぶら下がってるのと同じ。感銘受けず。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック