FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

死刑のある国ニッポン 

死刑
死刑のある国ニッポン

読んでて嫌~な感じ。で、最初は僕が死刑是非論を理解していないから対談がおもしろくないのかと思った。しかし中盤で死刑囚維持費用の問題になったときに、そのコストをオスプレイと原発と比較しているところに出くわしてわかった。嫌な感じは、底に流れる左翼的正義思想だ。だから社会はこうあるべきみたいな言い方が多い。日本で人権の話になると左翼思想の人が出てくる。著者なりに真摯な内容ではあるけど、僕にはまったく受け入れられない本だった。

また「死刑は犯罪抑止に役立っていないことが明らかになった」と断定的にいってるけど、これはそんなに明らかなのか? 

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック