FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

The Incredible Shrinking Girl 

shrinkingviolet1.jpg
The Incredible Shrinking Girl
The Incredible Shrinking Girl

2巻よりおもしろいよ。バスとか学校の transition time に読んだんだよ。

とら


スポンサーサイト



category: とらの本

cm 0   tb 0   page top

Shrinking Violet 2: Shrinking Violet Definitely Needs A Dog 

shrinkingviolet2.jpg
Shrinking Violet 2: Shrinking Violet Definitely Needs A Dog
Shrinking Violet 2: Shrinking Violet Definitely Needs A Dog

ちょっとおもしろい。

とら

category: とらの本

cm 0   tb 0   page top

ナツコ 沖縄密貿易の女王 

natsukookinawa.jpg
ナツコ 沖縄密貿易の女王
ナツコ 沖縄密貿易の女王

終戦直後数年間の話。日本であって日本でない、米軍統治のはずだが沖縄統治に忙しくて統治されない、台湾至近だが台湾でもない与那国島。与那国島はその立地から、香港・台湾―沖縄―本土を結ぶ密輸の要衝となった。食べ物・モノがない時代でありニーズは莫大だった。B円、A円、ドル、台湾銀行券が乱れ飛ぶ。与那国島には人が集まり、今の人口の10倍以上、まるで那覇の国際通りのようだったという。その密輸商人の親分の1人が徳之島出身の金城(旧姓宮城)夏子。ナツコは若くして死ぬけど、あっぱれな人生だ。今でいうスゴ腕の商品トレーダーみたいかもしれない。違法なところ含めるとマーク・リッチみたい??? ところで琉球銀行は米軍が過半出資してできたんだね。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

I Even Funnier: A Middle School Story 

ievenfunnier.jpg
I Even Funnier: A Middle School Story
I Even Funnier: A Middle School Story

Joke の competition の話なんだけど、joke はそんなにおもしろくなかった。でも本はおもしろいよ。

とら

category: とらの本

cm 0   tb 0   page top

「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ 

harwaresiliconvalleyshinsen.jpg
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ

めちゃくちゃおもしろかった。著者の職歴と合わせて、深圳の発展を解説。いろいろおもしろいところあってまとめるのは難しいので箇条書き。
・今やハードウェアものづくりの最先端は深圳にある。設計、部品調達、組立などすべてのサプライチェーンがそろっていて、小ロットを超スピードで生産できる仕組みがあり、ベンチャー製造業もここで製品を作ることができる。
・キーワード①白牌。無名メーカーの製品。
・キーワード②貼牌。白牌に自社ブランドを書き込んで自社製品とすること。
・キーワード③方案公司。作りたい機能を持つ電子基板の設計図を書いてくれるだけでなく、それぞれの部品をどこで調達したらいいかも示してくれる。これらの仕組みを使えば、まったく製品を作れない会社・人もメーカーになることができる。実際にこの手法で1人家電メーカーとなった人もいる。
・中国の商慣習にはありとあらゆる落とし穴があって、外国人だけでなく中国人でさえもそれら落とし穴に悩まされるが、そのリスクを踏まえても、スピード・コストは魅力的。実際、深圳発企業は世界に台頭している。ファーウェイ、ZTE、テンセント、Oppo など。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

Shredded: Inside RBS 

shreddedrbs.jpg
Shredded: Inside RBS
Shredded: Inside RBS

いやー長編だったけどがんばって読んだ。本のタイトルは実はFreddedという意味で、暴走CEO Fred Goodwinにやられたということ。要はエゴとグリード。前任CEOより、他社CEOより、自分のタマが大きいことを示したい。「わたるがぴゅん」の宮城対上原と何も変わらない。Goodwin は犯罪銀行 BCCI の清算に携わったのち、RBSに入ってNatWest買収を大成功に導いたが、度重なる買収を続け、最後には世界金融危機真っ只中にANB Amro を買収してすべてを吹っ飛ばした。エゴとグリードで破綻したのはRBSだけじゃないけど、その後まったく立ち直らないところが特徴的だと思う。国の管理下に入ってからも、投資銀行部門問題、Libor操作問題、FX操作問題、デリバティブ売り付け問題、Global Restructuring Group 問題、その他訴訟、などでつまづき続ける。RBSは無理なことをしなければ稼げなかったからそうしちゃったのかね。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The SeaQuel: My Big Fat Zombie Goldfish 

zombiegoldfishsequel.jpg
The SeaQuel: My Big Fat Zombie Goldfish
The SeaQuel: My Big Fat Zombie Goldfish

とら

category: とらの本

cm 0   tb 0   page top

宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた 

ekitainenryourocket.jpg
宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた
宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた

好奇心はあるのか、それでやってみるのか、ってことだ。このチームがどこまで行くのかはわかんないけど、やってみたものだけにわかるものがあるだろう。やってみる人がいなきゃ何も始まんない。本書を読むにあたっては、この本の知識が役に立った。また、本書で出てくるロケット方程式の導出はこちら

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

The Get Rich Quick Club 

getrichquickclub.jpg
The Get Rich Quick Club
The Get Rich Quick Club

さいごに100 pound までいくか、というところなんだよねー。さいごはhaircut のしごと。

とら

category: とらの本

cm 0   tb 0   page top

宇宙ビジネス入門 

uchuubusinessnyuumon.jpg
宇宙ビジネス入門
宇宙ビジネス入門

宇宙産業の概観と主要プレーヤーがわかる本。ロケット、人工衛星、観測、資源開発、宇宙データ分析、などなど。宇宙ビジネスは既に現実だ。アリアンスペースオービタルATKのような老舗、Space X やブルーオリジンなどのスーパー企業家に加えて、各分野の会社が活動を始めている。Rocket Lab、ワンウェブ、プラネタリー・リソーシズ、Planet Labs、など。日本人企業も応援しよう。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック