FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

Heart of a Samurai 

sam.jpg


児童書のジョン万次郎の実話を描いた「Heart of a Samurai」。1800年代に漂流をきっかけにアメリカにわたり、鎖国の日本の時代に戻ろうと試みる万次郎の話。いわゆるサードカルチャーキッズの先駆けではないが、なかなか面白い本ではあったが、当然ではあるが本人が書いているわけではないので若干浅めの切込みでもう少し異文化の葛藤からくる部分などをちょっと期待してしまいました。でも充分、客観的に自分や周りを見つめる力、偏見や差別などをテーマにしたなかなかいい作品です。小学生などに(特に海外に移住しているなど)にはおすすめだと思います。
スポンサーサイト

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

パチンコ利権 

pachinkoriken.jpg
パチンコ利権
パチンコ利権

これは良書だ。これまでに読んだパチンコ業界本でベストだと思う。著者は、パチンコ・スロットの20年ユーザーにして、業界の問題点を認識し、何より規制枠組みを深く理解している。
パチンコ業界の最大の問題点は、ギャンブルなのにグレーゾーンでギャンブルではない、という建付けそのもの。数年前の不正釘問題(全国でパチンコ台調査をしたら何とすべてが違法の台だった)を見ても業者・メーカーのやり方は明確だし、警察と癒着して結局誰も処罰されないというのもおかしすぎる。その後IR法、ギャンブル等依存症対策基本法が成立。スマホゲームに客が移り、パチンコ店はどんどん減っている。若者が減って、老人ばかりになり、ギャンブル依存の高齢者からむしり取る店舗運営。全滅はしなくても相当の衰退は妥当と言うしかない。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック