FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

幸福な監視国家・中国 

kouhukunakansikokkachuugoku.jpg
幸福な監視国家・中国
幸福な監視国家・中国

前半はおもしろい。後半は学者の論文という感じでつまらない。中国でのテクノロジーによる国民監視は、商業目的の民間によるものと統治目的の政府(共産党)によるものがある。民間はなんといってもテンセント(ウィーチャット)とアリババ。この2社のアプリはスーパーアプリと呼ばれ、アプリ内でミニアプリを呼び出すことでいろいろなことに対応できる。同時に、個人情報はこの2社に筒抜けになる。しかし利用者は、十分な利便性を得られるのなら個人情報を差し出してもいいと思っていることが多い。たとえば信用スコアが上がることにより、プラスアルファのサービスが受けられるなど。ある意味、商業ベースの監視は、利用者にとってもメリットのある形で中国では進んできている。しかし共産党による監視はそうはいかない。後半にでてくるように少数民族の強権統治にテクノロジーは使われているという現実。犯罪取り締まりなどでテクノロジーを使うのは問題ないと思うけど、さて何が犯罪なのかという定義を独裁共産党が決めるとなるとリスク高いよな。さらに加えて言うなら、民間ベースの個人情報だって、中国共産党は望むならいくらでもアクセス・介入できる立場にいる。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック