FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

森の生活図集  

mori.jpg

森の生活図集

キンドル読み放題でタダ(実質タダではないですが)で読めたのが申し訳ないくらいすごく情報満載のいい本でした。一冊山の家に買っておきたい一冊。絵も大変上手だし、かなりマニアックに山の道具を自作したり、ナイフの選び方、テントの張り方、自炊の仕方、火のつけ方他かなり盛沢山にとにかやってみたいと思うことばかりです。息子二人も横から見ては、so cool!と感心してました。山や森の好きな人(子供も含む)、ハンドクラフト好きにはたまらない一冊。おススメ!
スポンサーサイト



category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

ぼくらの地球の治し方 

boku.jpg

社会活動家の本を結構よく読むことが多いせいか、アマゾンに似たような本が自分のページに(?)紹介されるのだが、この本はレビューもよく今回図書館にあったので借りてみました。長男に(小5)にも読めそうな軽めの本というのもあったのですが、思いのほか漢字にフリガナ等なく児童向けではないのかもしれない。(日本の学校に行ってる子なら高学年なら読めると思います)

さて内容はですが正直あまり私個人的には、本を読むほどのものではないかなと。、失敗を重ねとにかく考えるよりも行動すること、世界のゆがみを気づいて無視してはいけないことなど言ってることも感じてることも大切だと痛感しますが、とにかく文章が散漫で言いたいことや伝えたいことは結局数行でいいのではないかと。それを伝えるためにここまで本にしなくてもいいのではと思う。おそらくFBやインスタ系で彼の日々のつぶやきを毎日眺める程度の部分しか書かれていないような感じかな。最近はブログやFBで支持されていることで、結構簡単に本になってしまうような気風があって、もう少し著者自身が、ゆっくりともう少し精神的に煮詰まってから書いたら、すごくいいものになるのではとちょっともったいなく感じました。 若者向け(10代くらい)にはいいのかもしれません。

ぼくらの地球の治し方

category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック