FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

43回の殺意 

43.jpg


ということで、石井光太さんの自伝を読んだら、やはりドキュメンタリー(ルポ)がまた読みたくなって、キンドルで見てみたら読み放題一覧に「43回の殺意」があったので、続けてすぐに読んでみました。実際の2015年にあった川崎中1男子生徒殺害事件のようですが、日本に住んでいなかったので特に内容も知らないし、マスコミでどのように取り上げたかもほとんど知らなかったので、びっくりしながら前半はあまりに残忍な事件、そしてあまりに悲惨な家庭環境で翻弄する少年たちの現実に、心が暗く押しつぶされそうになります。でもさすが石井さんの本だけあって、そこにとどまらず事件の全容をとても考えさせられるものとして、多くの問題点をしっかりと見て書かれています。加害者と被害者の現実を非常によくかけています。最後の被害者のお父さんの話、そして日本の方システムの甘さがとても心に残ります。

スポンサーサイト



category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

世界の美しさをひとつでも多く見つけたい 

44.jpg

石井光太さんは大好きなドキュメンタリー作家で何冊か読んだことがあったのですが、いつ読んでも裏切られない。で見たことのないタイトルの本「世界の美しさをひとつでも多く見つけたい」があったので、久々に読んでみました。 でもこちらは石井さんがどのようにして、何を軌道にドキュメンタリー作家になったかという経緯や生い立ちなど自伝的な本です。なので彼の作品を多く紹介しており、読んだことのある人には知っている内容も多いです。でも彼のルポやドキュメンタリーの意味するところなど素晴らしいなと感じます。これからジャーナリズムやルポライターになろうと思う学生などにはおススメ。もしくは石井さんの本を全く読んでない人が何から読もうかと悩んでいる人にもいいかもしれません。


category: 母の本

cm 0   tb 0   page top

誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃 

daregakagakuwokorosunoka.jpg
誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃
誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃

第一にカネがない。日本がこの30年で貧乏になっていることが、大学や企業での研究に大きく影響している。ないカネに対応した研究をするしかない。なのに大学の偉い人が47都道府県すべてに国立大学を保持することの重要性を語っていたりする。下降局面で現状維持に固執。日本はこれから20-30年でもっとカネがなくなる。大学学長なら、それを見越した組織づくりをすべきだ。カネがないからクレクレではなく、自分で稼ぐか少ないカネでできる仕組み作り。

第二に内向きの論理。いまだにオールジャパンなんて言っている。国内から見ればみんなで結集ということなんだろうけど、世界から見ればみんなどころか日本人だけで集まる世界非結集のコンセプト。大学教員、大学学生、企業での研究、などとにかく内向きが多い。本書に出てくるカブリ数物連携宇宙研究機構の村山氏は、その内向きを破って世界に通用する研究所を作っている。

第三かつ「誰」が科学を殺しているのかは、まあ日本人全体だろう。政治家にとって科学技術はカネにも票にもならない。なぜか。それは民意が科学技術や長期的経済発展にないからだ。国民にとっては当面の年金や医療の方が大事。研究開発に理解のない企業経営者についても本書は語るけど、日本の非オーナー企業の経営者は労働者代表だ。これも1つの民意。官僚や東大をありがたがるのも日本国民。だから未だに官僚主導プロジェクトで科学技術再興しようとしている。結局は日本人全体としてこの道を選んでいる。本書を含め、国民に問題を提議するのは正道だと思う。でも、強いリーダーがひっぱるか、落ちるところまで落ちないと大きな軌道修正は難しいんじゃないだろうか。

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック