FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

普天間交渉秘録 


「普天間」交渉秘録 (新潮文庫)「普天間」交渉秘録 (新潮文庫)
(2012/08/27)
守屋 武昌

商品詳細を見る


同じくリゾート地で読んだけど、本書も沖縄が中心なのでリゾートに合ってる? そんなことはない。沖縄のグロイ面の話が中心。米軍基地・建設・国からのカネにぶら下がる沖縄の利権層が、国家・国防を揺らす。最高の本だし、著者はめちゃくちゃ仕事のできる人だったんだと思う(だから逮捕されたのかな?)。確かケビン・メアは沖縄をゆすりの名人と呼んで辞任させられたが、沖縄の一面に関しては正しいんだろうね。基地問題で被害を受けている人もたくさんいるのに、基地・基地問題の利権にぶら下がる人たちが得をするという現実。また、国家の防衛という国家の最大級の重要事項に関して、地方がこんなに邪魔をできるというのは恐ろしいな。政治家も官僚も決断・行動を避けようと、落とし所を探して右往左往。この決断力のなさ、リーダーシップのなさ、プリンシプルのなさ、そんな社会の仕組み。日本の将来にはネガティブにならざろうえないよ。


スポンサーサイト

category: 父の本

cm 1   tb 0   page top

コメント

いつも、地方が「トウキョウ」の犠牲になっている、と思い込んでいたのですが、このような闇の部分があったとは驚きでした。
文章が日記体というのは好きなので、読みたい本候補にしました。
みんみん #- URL [2014/04/05 21:02] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/1929-c82ddaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック