FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

ちょうつがい きいきい 


怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい怪談えほん (5) ちょうつがい きいきい
(2012/03/01)
加門 七海

商品詳細を見る


弟の本に一応絵本なので入れました。しかも図書館の児童書コーナーにあったそうで息子が選んだらしいのだけど、この本は....絶句します。弟に読み聞かせしようとした次女も読んでいるうちに声色が変わり、しまいにはボソボソ。皆読み終わると絶句です。一応知る人は知っているのかもしれませんが前知識なしに児童書として読んではいけない超ホラー本です。あまりに怖くて上の子二人とどうするこれ?と今日は大騒ぎ。かわいらしい坊やの表紙ちょうつがいを直す話かと期待してたのにこんな展開とは..... あーやだやだ! しかも(5)と書いてあるのでいろいろあるのか?でも子どもは実は怖いの好きなんだよね...
スポンサーサイト



category: 弟の本

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/1948-a8f4c3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「怪談えほん5ちょうつがいきいきい」加門七海

加門七海と軽部武宏が描くトラウマ怪談絵本。 部屋の扉を開けると、きいきいと音がする。見ると、なんとそこにはおばけがはさまっていて、痛い痛いとさけんでいた。あっちからもこっちからも、きいきいきい… きいきいと鳴る音の原因は?。蝶番に挟まって泣いているお化けのせいでした。 この導入部から始まる展開はすぐれて民話的でリズミカル。 耳について離れない「きいきい きいきい」の響きが繰り返され、...
粋な提案 [2014/07/15 16:41]

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック