FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

戦争広告代理店 

戦争広告代理店
戦争広告代理店


リアル国際政治本の傑作。パブリックリレーション(PR)会社の動きからボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を見直す。ボスニア・ヘルツェゴビナ政府は自らだけでは内戦に負けることを見通し、内戦を国際化し、西側諸国(特にアメリカ)を巻き込むことを画策する。アメリカを動かすためには、アメリカのメディア・世論・政治家を動かすことが必要であり、PR会社を雇う。PR会社はボスニア・ヘルツェゴビナ政府の実質的な外務省として活躍し、ユーゴ・セルビア側が悪であると西側諸国を信じさせ、ユーゴ連邦を国連から追放させるに至る。一政府の外交を他国の営利企業が行うというのは民間軍事会社などの存在を考えれば驚くべきではないのかもしれない。セルビアは戦争当事者かつ地域強国として相当の行為を行ったと思われるが、セルビアだけが悪だったのではない、というのが真相の模様。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/2506-4b42c315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック