FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

プライベートバンカー  カネ守りと新富裕層 

private.jpg
プライベートバンカー  カネ守りと新富裕層

シンガポールに流れる新富裕層とプライベートバンカーの話。小説のように書かれているのでどこまでノンフィクションなのかと最初は思ったけど、主要人物は実名らしい。プライベートバンクはぶっこぬきが商売であり、はっきりいって信用できない人たちと思ってたけど、これを読むとやはりそのとおり。そして税金減らしのために人生を無意義に過ごす人たち。最後に出てくる某銀行ジャパンデスクによる顧客資産横領事件は知らなかった。本書を読まなければ知らなかったし読んでよかった。
スポンサーサイト



category: 父の本

cm 1   tb 0   page top

コメント

シンガポール在住のTと申します。貴殿のブログをいつも書籍購入前に拝読し、参考にさせていただいており、深謝しております。

さて、本エントリに関連して、実は小生は、友人の弁護士と一緒にこの裁判を傍聴した者です。
ちなみに、この本の著者の顔はよく知っているのですが、少なくとも傍聴席にはいませんでした。明らかに裁判記録も参照していないようで、事件後に出回った怪文書から尾ひれがついた噂話を鵜呑みにして書いてあります。

完全なフィクションならともかく、罪状、罪名ともに裁判記録とあまりにもかけ離れているのには、開いた口が塞がりませんでした。取材検証力を信じて当著者の本を何冊も好んで読んできただけに、非常に残念でなりません。

貴殿には何ら落ち度がないことは明白ですが、出版差し止め請求などに至ると、思わぬ形で影響受けるかもしれませんし、差し出がましいこととは存じますが、貴殿ブログのファンとして、敢えて当記事のエントリを見直されてはいかがかとコメントさせていただく次第です。

末筆ながら、今後も貴殿の書評を楽しみにしております。
#- URL [2016/08/04 09:52] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/2757-7a44c58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック