FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在 

cybersensouron.jpg
サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在
サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在

インターネットは個人やビジネスに革命的インパクトをもたらした。当然、国家間紛争にも革命的インパクトをもたらす。本書が書かれたのはウクライナインフラ攻撃前だけど、そんな攻撃が起こることは時間の問題だったということだ。武器としてのサイバー攻撃にはいろんな特徴がある。核兵器と異なりMADがない、攻撃者特定難しい、そもそも攻撃されているのかがわからない可能性もある、従来型兵器と比べて攻撃コストが異常に安い、攻撃に失敗しても攻撃側に被害がない、攻撃が一瞬で成功して防衛が不可能になる可能性がある、など。従来型の戦争なら専守防衛もありえなくはないが、サイバー戦争では専守防衛は成り立たない。ということは自衛隊は攻撃的なサイバー兵器の保有が必要となるが、日本の法律体系ではできない。著者の方は陸自システム防護隊の隊長だったが、現在はファイア・アイにいらっしゃるらしい。Make sense.

スポンサーサイト

category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/3518-56f78e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック