FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

サイバー完全兵器 

cybertheperfectweapon.jpg
サイバー完全兵器
サイバー完全兵器

また分厚い本を読んでしまった。でも最近は読書+趣味やり過ぎと家庭で不評なので読書は減らす予定。

サイバー戦は既に始まっている。サイバー兵器は、攻撃はしやすく防御は難しいという非対称兵器。しかも攻撃側は、攻撃したこそさえ秘密にできたり、攻撃者が誰なのかをわかりにくくできる。世界は核によるMADから次の時代に入ったのだ。しかもこの兵器による攻撃は、一般市民の生活インフラ(水、電気、ガス、医療、金融)を直撃することが可能。もちろん国家への攻撃も可能(ミサイル制御、兵器研究開発製造、国家機密)。国家 vs 国家(米国、中国、ロシア、北朝鮮、イラン、英国、などなど)から、国家 vs 民間も含めた総合戦の様相。イランはJPモルガンにハック、北朝鮮はソニーにハック、米国はHuaweiにハック(ショットジャイアント作戦)。中国の米国政府・米国企業へのハックはよく報道されるけど、米国だって中南海にハックしていた。米国が中国・中国企業はこんなことやっているという場合(たとえば次世代携帯電話網、海底ケーブル)、つまり米国も同様のことをやっているということと理解すべき。米国は過去に他国の選挙に介入してきたが、米国の選挙が他国に介入されると激怒。まあアメリカにとっての民主主義の重要性、ましてや大統領選の重要性というのはアジア人の考えるものとはレベルが異なるんだろうね。ちなみにヒラリーは政治・選挙に注力し、テクノロジーリスクを理解できずに負けた。他気になったところ。
・国際送金システムSWIFTはやはり武器として使用されうる。
・NSAのTAOのサイバー兵器はロシアの手でウェブに公開された。その武器はその後北朝鮮も使用した。
・米国はプーチンの秘密資産を把握しているし、その気になればその資産を消滅させることもできる。
・アメリカの企業には2種類がある。中国にハッキングされたことをわかっている企業と、わかっていない企業。
・カスペルスキーのウイルス対策ソフトはロシアに筒抜け。
・RSAのSecure ID も破られている。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/3762-f0d11f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック