FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

たまひびとらの絵本の実

読書好きな姉妹と弟と父母の読んだ本

梟商 小佐野賢治の昭和戦国史 

osanokenjinoshouwasengokusi.jpg
梟商 小佐野賢治の昭和戦国史
梟商 小佐野賢治の昭和戦国史

戦時中は日本軍部に取り入り軍部のニーズを満たす。軍需物資の売買、終戦関連である幻の千円札から巨額の利益を上げる。戦後はGHQに取り入りGHQのニーズを満たす。米兵の輸送、クルマの部品、修理、朝鮮戦争。米兵が引き上げる時には米兵の使っていた車を売買。輸出振興外貨割当権の買い集め。プライム不動産を安値で超買い集め。数々の買収(当時は乗っ取りとされた)。買収した会社から無駄を省き、労働組合と合意し、再建。すごいビジネスマンだ。その時点での最大ニーズを持つ最大カスタマーにくいこみ、ニーズに応える。ビジネスとしては理にかなっている。盟友田中角栄・ロッキード事件・贈賄で黒いイメージが強いけど、ものすごい実績だと思う。商売好きの三和銀行がべったりとなったのも理解できる。ただし贈賄はひどい。日本軍部にも、憲兵隊にも、GHQにも、小佐野を追う検察にも、カネで道を作る。さらには田中角栄首相就任も小佐野マネーの力で達成。成長過程の国で贈賄をてこに成り上がるビジネスマンはいる。それがその世界での道だったりもする。それをよしとする気は何もないけど、それが現実でもある。

小佐野氏の言う「おれは人間なんて信じられねえ。信じられるのは金だけだ」は、カール・アイカーンの"If you want a friend on Wall Street, get a dog. に似てるよね。

スポンサーサイト



category: 父の本

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamahibi.blog122.fc2.com/tb.php/3813-f5765581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック